ウッドワン2018 空間デザイン施工例コンテスト

  • 開催日時:2018年1月22日~7月31日

総合木質建材メーカーのウッドワンが、同社の指定製品を使用した空間作品コンテストを実施している。 昨年に続き審査委員長に建築家の伊東豊雄を迎えた2018年のテーマは、「木のぬくもりを活かした空間」。 戸 …

続きを読む


[特別展示]旅する根付 高円宮妃殿下写真展と現代根付コレクション

  • 開催日時:2018年2月23日(金)~3月4日(日)10:00-18:00(但し、2018年3月1日[木]は16:00まで、3月3日[土]は20:30まで、入館は閉館30分前まで)
    会期中無休 

巾着袋や印籠などの紐に取り付ける根付(ねつけ)。留め具としての用途を超え、優れた芸術性と遊び心あふれる工芸品にやがて発展し、江戸時代に隆盛を極めた。現在は実用に供されることはほとんどないが、美術工芸品 …

続きを読む


写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−

  • 開催日時:2018年2月23日(金)〜6月10日(日)10:00-19:00(入館は18:30まで)
    休館日:火曜(5月1日は開館)

デジタルカメラやドローンの登場、オンデマンド出版やインターネットを利用した表現手法の拡張により、カメラオブスキュラが誕生した頃とは比較にならない表現の域に達し、撮影枚数も天文学的な数に膨らんでいる写真 …

続きを読む


寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽

  • 開催日時:2018年2月14日(水)~4月8日(日)10:00-18:00(金・土は10:00-20:00、入館は閉館30分前まで)
    休館日:火曜(但し、4月3日は18:00まで開館)

戦国の世が終焉し、泰平の世となった17世紀初め、徳川幕府統治下の日本国内では、時代を反映した文化的潮流が生まれ、寛永年間(1624-44)を中心に花開いた。大きな影響を与えたのが、学問・諸芸に造詣の深 …

続きを読む


練馬区独立70周年記念展 サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法【プレゼント有り】

  • 開催日時:2018年2月22日(木)~4月15日(日)10:00〜18:00(入場は17:30まで) 休館日:月曜

フランスを代表するポスター作家、レイモン・サヴィニャック(1907-2002)について、これまでにない規模で紹介する展覧会。在日フランス大使館およびアンスティチュ・フランセ日本の後援と、パリ市の特別協 …

続きを読む


「ビルディング・ロマンス|現代譚(ばなし)を紡ぐ」展【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年1月20日(土)〜4月8日(日)10:00-17:30(入場は閉館30分前まで)
    休館日:月曜(2月12日は開館)

“ビルディング・ロマンス”とは、19世紀ヨーロッパの “成長譚(ビルドゥングス・ロマン)”に由来する造語。20世紀以降の芸術は、ロマン派以来の人間的な重さを逃れて純粋な芸術を目指し、その分生と切り離さ …

続きを読む


鈴木康広 始まりの庭

  • 開催日時:2017年8月5日(土)~ 2018年2月25日(日)9:00-17:00(入館は閉館30分前まで) 年中無休

鈴木康広(1979-)は、何気ない自然現象を見つめ直し、新たな感覚で翻訳した作品を制作している作家。国内外の美術館や芸術祭での展示をはじめ、空港や屋外空間などパブリックスペースを大胆に使ったコミッショ …

続きを読む


目黒区美術館30周年コレクション展 ひろがる色と形 -1950-60年代の抽象表現から+特集展示 秋岡芳夫全集5 KAKの仕事 河 潤之介・金子 至とともに

  • 開催日時:2018年2月10日(土)〜3月18日(日)10:00-18:00(入館は17:30まで)
    休館日:月曜(但し、2月12日[月・祝]は開館、2月13日[火]は休館)

2017年11月に開館30周年を迎えた目黒区美術館の30周年を記念する展覧会。同館のコレクションから、1950-60年代にかけて関心が高まった抽象表現をテーマに、猪熊弦一郎や菅井汲らの作品を取り上げる …

続きを読む


遠山家の雛壇飾り

  • 開催日時:2018年2月3日(土)〜3月11日(日)10:00〜16:30(入館は16:00まで)
    休館日:月曜(祝祭日の場合は開館、翌日休館)

遠山記念館は、日興證券(現SMBC日興証券)の創立者である遠山元一が、昭和11年(1936)に建てた木造住宅。戦後は日興證券の迎賓館として使用された。西棟、中棟、東棟から成る邸宅には、今日では手に入れ …

続きを読む