富士屋ホテルの営繕さん -建築の守り人-

  • 開催日時:2018年9月7日(金)~11月20日(火)10:00-17:00 休館日:水曜

明治11年(1878)に日本初の本格的リゾートホテルとして箱根に開業した富士屋ホテル。歴代社長のアイデアに基づいた和洋混交の独特な建築群で構成され、平成9年(1997)には本館が登録有形文化財に指定さ …

続きを読む


建築家・坂倉準三 パリ‐東京:生き続ける建築

  • 開催日時:2018年9月6日(木)~30日(日)会期中無休、開館時間は会場URL参照

建築家、坂倉準三(1901-1969)の展覧会が、坂倉によって設計されたアンスティチュ・フランセ東京(東京都新宿区、1951年竣工)にて開催される。 1929年にフランスに渡った坂倉は、1931年にル …

続きを読む


海を渡ったニッポンの家具 -豪華絢爛仰天手仕事-

  • 開催日時:2018年9月6日(木)~11月24日(土)10:00-18:00 休館日:水曜

1873年のウィーン万博で注目され、一躍人気の的となった日本の工芸品。その一方で、武家大名という巨大なパトロンを失った国内各地の職人は窮乏し、技法の伝承も危機的状況にあった。明治政府の後押しを受け、海 …

続きを読む


マジック・ランタン 光と影の映像史

  • 開催日時:2018年8月14日(火)〜10月14日(日)
    開館時間10:00-18:00(入館は閉館30分前まで/木・金は20:00まで)
    休館日:月曜(9月17日[月・祝]、24日[月・振]、10月1日[月・都民の日]、10月8日[月・祝]は開館、9月18日[火]、25日[火]、10月9日[火]は休館)

近年注目を集める、プロジェクション・マッピングやパブリック・ヴューイングなど、人々がひとつの映像を一緒に見るという行為は、いつ、どのように生まれ、我々の社会に定着するようになったのか? スクリーンや壁 …

続きを読む


みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018

  • 開催日時:2018年9月1日(土)〜24日(月・祝)※期間中の金・土・日・祝日のみ開催(9月1〜2日、7〜9日、14〜17日、21〜24日)オープン時間は会場ごとに異なる

東日本大震災をきっかけとして始まった「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」。開催3回目を数える今年は「山のような」をテーマに開催される。会場は東北芸術工科大学キャンパスほか複数(各会場のオープン時間 …

続きを読む


西本良太 個展「ACTUAL SIZE」

  • 開催日時:2018年8月24日(金)〜 9月15日(土)12:00-19:00 休廊日:日曜

西本良太(1977-)は、木工にとどまらず、塩ビ管、アクリル板、コンクリート、紙など様々な素材を用いて制作活動を行なっている作家。木の皿や、ジュエリーボックスなど実用的なものから、木製のアイスキャンデ …

続きを読む


「トラフ展 インサイド・アウト」

  • 開催日時:2018年8月21日(火)~12月23日(日)10:00-17:00(入館時間は16:30まで) 休館日:月曜

建築からインテリア、家具まで幅広く手がけている建築家ユニット、トラフ建築設計事務所の個展。2016年10月から12月まで東京・乃木坂のTOTOギャラリー・間で開催された同タイトルの企画展が九州・福岡に …

続きを読む


増田セバスチャン×クロード・モネ “Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-“

  • 開催日時:2018年7月22日(日)~12月2日(日)9:00-17:00(入館は16:30まで) 年中無休(但し、展示替のための臨時休館あり)

ポーラ美術館のコレクション企画展。色とりどりの素材で独自の世界観を織りなす作品を制作し続けている増田セバスチャンが、同館が収蔵するクロード・モネの《睡蓮の池》にインスピレーションを受けた大型インスタレ …

続きを読む


特別展 敷瓦の世界「タイル」の前の物語

  • 開催日時:2018年6月23日(土)〜9月24日(月・祝)9:00-17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜(休日の場合は翌平日)

日本のタイルの前身ともいわれる敷瓦(しきがわら)。大陸からの影響を強く受けた仏教建築の床材に使われ、施釉されたものは瀬戸を中心に生産されていった。その一方で、敷瓦には茶道具の一種として愛でられる側面も …

続きを読む