ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年1月13日(土)~4月1日(日) 10:00-18:00(入場は17:30まで)
    休館日:月曜(但し 2月12日[月・振替休日]は開館、翌13日[火]は休館)

パリという魅力あふれる都市に生きる女性、パリジェンヌ。サロンを仕切る知的な女主人、子を慈しむ美しい母、流行を生み出すファッショニスタ、画家のミューズ、そして自ら道を切り開き才能を開花させた画家や女優な …

続きを読む


清水玲「grassroots prophet」

  • 開催日時:2018年1月16日(火)〜2月15日(木) 11:00-19:00 休館日:日曜・祝日・月曜

本展は、2月9日から15日間の会期で開催される、第10回恵比寿映像祭「インヴィジブル」の地域連携プログラムのひとつ。会場となるLOKO GALLERYが、日本とイスラエルのアーティストによる個展をそれ …

続きを読む


棟方志功と柳宗悦

  • 開催日時:2018年1月11日(木)~3月25日(日)
    ※会期中、一部展示替えあり (前期:1月11日~2月12日、後期:2月14日~3月25日)
    10:00-17:00(最終入館は16:30まで)
    休館日:月曜(但し、祝日の場合は開館、翌日火曜休館)

国際的に高い評価を受けている版画家・棟方志功(1903-1975)と、日本民藝館の創設者である柳宗悦(1889-1961)。二人の出会いは、1936年4月に開催された国画会にさかのぼる。柳は棟方の「大 …

続きを読む


神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年1月6日(土)〜 3月11日(日)10:00-18:00(入館は17:30まで)、毎週金・土曜日は21:00まで(入館は各閉館時間の30分前まで)
    休館日:1月16日(火)、2月13日(火)

神聖ローマ帝国皇帝として君臨したハプスブルク家のルドルフ2世(1552-1612、在位:1576-1612年)は、稀代の収集家であり、芸術の庇護者でもあった。1583年にウィーンからプラハに首都を移し …

続きを読む


「辺境」展

  • 開催日時:2018年1月20日(土)〜28日(日)11:00-19:00
    休廊日:1月24日(水)

「辺境」をキーワードに開催される、写真家によるグループ展。 物と空間、家具と彫刻、アートとデザイン、かたちと気配。 境の辺り、辺境の景色。 出展者 真喜志 奈美 Nami Makishi /Luft …

続きを読む


草間彌生「自己消滅」

現代美術に魅せられて―原俊夫による原美術館コレクション展【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年1月6日(土)〜6月3日(日)※途中、展示替えあり
    前期:1月6日(土)〜3月11日(日)/後期:3月21日(水・祝)〜6月3日(日)
    11:00-17:00(祝日を除く水曜は20:00まで、入館は閉館30分前まで)
    休館日:月曜(但し、祝日にあたる1月8日、2月12日、4月30日は開館)、1月9日(火)、 2月13日(火)、展示替え期間:3月12日(月)〜20日(火)、5月1日(火)

日本における現代美術館の先がけとして知られる原美術館。元は、実業家の原邦造(1883-1958)の私邸であり、御殿山(東京都品川区)の地で10年近く空家だったものを、邦造の孫にあたる原俊夫(1935- …

続きを読む


文化庁アーカイブ中核拠点形成モデル事業報告
シンポジウム 日本のデザイン資源を考える

  • 開催日時:2018年1月20日(土)13:30-18:00(受付開始13:00)
    情報交換会(要事前予約、会費制) 18:30~

歴史的・文化的価値のある貴重な文化関係資料が散逸・消失することを危惧し、近年各種の文化関係資料のアーカイブを構築する動きが活発になってきています。デザイン資料もまたこの例に漏れませんが、これらアーカイ …

続きを読む


交わるいと 「あいだ」をひらく術として【プレゼントあり】

  • 開催日時:2017年12月22日(金)~2018年3月4日(日)10:00-17:00(入場は閉館の30分前まで)
    休館日:月曜(ただし1月8日、2月12日は開館)、1月9日(火)、2月13日(火)、年末年始(12月27日~1月1日)

本展で主役となるのは糸と布。「交わり」や「あいだ(すき間)」により、その性質を変えるもの。出展作家は15人と1組、年齢は20代から90代にかけて、人間国宝(重要無形文化財保持者)や知的障害者支援施設発 …

続きを読む


島根の近現代建築 フォーラム -モダニズム建築と江津市庁舎を考える-

  • 開催日時:2018年1月20日(土)13:00~16:20

ル・コルビュジェ設計の国立西洋美術館が世界遺産となったことなどにより、その弟子である吉阪隆正が設計した建築物と江津市庁舎も関係者に注目されています。 島根県内にも多数存在するモダニズム建築と江津市庁舎 …

続きを読む