夏のオープンラボ:新しい骨董

  • 開催日時:2018年7月14日(土)~9月17日(月・祝)10:00-17:00 休館日:月曜(但し、7月16日、8月6日、9月17日は開館)、7月17日(火)、8月7日(火)

「新しい骨董」は、山下陽光、下道基行、影山裕樹の3名による、実験的な活動を行なっているグループの名称。街中や、インターネット上に溢れる「“新しい骨董”とでもいうべき何か」の探索や実践を通して、新しい価 …

続きを読む


窓辺に添えたい木のぬくもり ウッドブラインド

ウッドブラインド「クレール/クレールグランツ」の新モデルがニチベイより発売された。全閉時にスラットがフラットになる「クレールグランツエルフォームFR」、操作コードで自動的にブラインドが下降する「クレー …

続きを読む


イサム・ノグチ -彫刻から身体・庭へ-

  • 開催日時:2018年7月14日(土)〜 9月24日(月)11:00 -19:00(金・土は11:00-20:00、入場は各日とも閉館30分前まで)休館日:月曜(祝日の場合は翌日火曜)、8月5日(日・全館休館日)

20世紀を代表する彫刻家の一人であるイサム・ノグチ(1904-1988)。日本の詩人であり英文学者の野口米次郎を父に、アメリカ人の作家レオニー・ギルモアを母に持ち、世界文化を横断しながら生きた。舞台美 …

続きを読む


ファブリックで音と空間を仕切るリバーシブル吸音生地

スイスのファブリックメーカー、クリエーションバウマンが、吸音率の高いリバーシブル生地で視覚的・音響的にやわらかく素早く空間を仕切ることが可能なファブリック「サイレント」をリリースした。独自に開発したホ …

続きを読む


没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年7月7日(土)~9月16日(日) 10:00-18:00(入場は閉館30分前まで)
    休館日:水曜、8月13日(月)〜15日(水)

大正から昭和にかけて、京都を拠点に活動した陶工・河井寬次郎(1890-1966)。実用を重んじた力強い作品を数多く生み出し、陶芸家の濱田庄司(1894-1978)、柳宗悦(1889-1961)らととも …

続きを読む


柳原照弘展「Layerscape」

  • 開催日時:2018年7月4日(水)〜8月7日(火)11:00-19:00 休館日:日曜・祝日

柳原照弘は1976年香川県生まれのデザイナー。2002年に自身のスタジオを設立後、京都や大阪を拠点に、家具やプロダクトのデザイン提供や、インテリアの設計など中心に活動中。有田焼が再評価されるきっかけと …

続きを読む


Waldmärchen(森の伝説)フロリアン クラール

  • 開催日時:2018年7月14日(土)~10月8日(月・祝)9:00-17:00(入館は16:30まで)休館日:月曜(7月16日、9月17日、9月24日、10月8日は除く)、7月17日(火)、9月18日(火)、9月25日(火)

音楽や映画、科学、建築に基づいた作品を制作するドイツ出身の現代美術作家、フロリアン クラール( Florian CLAAR/1968-)の個展。会場となる下山芸術の森発電所美術館は、大正15年にレンガ …

続きを読む


究極のリラックス&リフレッシュ システムバスルーム

TOTOより5年ぶりにフルモデルチェンジしたシステムバスルーム「SYNLA」が、8月1日に発売される。従来からの心地よい空間に、人間工学研究から生まれた身体の負担を軽減する浴槽形状「ファーストクラス浴 …

続きを読む


ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力【プレゼントあり】

  • 開催日時:2018年6月30日(土)〜 9月17日(月・祝)10:00-18:00(入館は閉館30分前の17:30まで)*サマーナイトミュージアム(夜間開館)期間の7月20日〜8月31日までの毎週金曜は21:00まで開館、入館は各日とも閉館30分前まで)
    休館日:第2・4水曜(7月11日、25日、8月8日、22日、9月12日)

南米大陸、ブラジル北部のアマゾン河やシングー川流域で暮らす先住民の人びと。彼らの作る一木造りの椅子は、動物のフォルムや機能的なフォルムに独特な幾何学模様が施されており、ユニークな造形作品となっている。 …

続きを読む