タイトル 猪熊弦一郎展 猫たち
日時 2018年3月20日(火)〜4月18日(水) 10:00〜18:00(金・土曜は〜21:00) 会期中無休
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
料金 一般¥1,300 大学・高校生¥900 中学・小学生¥600
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
問い合わせ http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_inokuma

「いちどに1ダースの猫を飼っていた」ほどの猫好きとして知られる画家、猪熊弦一郎(1902-1993年)。たくさんの猫に囲まれた暮らしのなかで、猫をモチーフに写実的なスケッチ、 シンプルな線描、デフォルメした油彩画など実にさまざまな作品を描いた。

また、戦前にはマティスと交流し、戦後は20年間ニューヨークを拠点に活躍、その後はハワイでも活動した猪熊弦一郎は、昭和の百花繚乱の画壇で極めて個性的な作品群を残した。

地元では親しみをこめて「いのくまさん」と呼ばれる猪熊弦一郎。香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で2015年に開催された「猫達」展が、パワーアップして東京にやってくる。丸亀市猪熊弦一郎現代美術館所蔵の猫を描いた油彩、水彩、素描を中心に、猫以外の主題の作品も若干加えた百数十点によって構成。猪熊の奥深い芸術世界に触れるきっかけになるだろう。

 

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
本展の観覧券を抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「猪熊弦一郎展 猫たち」と明記してください。
応募締切は3月26日(月)。ご応募をお待ちしております。

《無断転載禁止》




特集を探す

Twitter