タイトル BRIDGE―大野美代子の人と人、街と町を繋ぐデザイン―
日時 2018年3月9日(金)〜4月25日(水)10:00〜18:00(最終日は17:00まで) 休館日:日曜・祝日
会場 Gallery A4(ギャラリーエークワッド)
東京都江東区新砂 1-1-1 竹中工務店東京本店1F
料金 入場無料
電話番号 03-6660-6011
Gallery A4 URL http://www.a-quad.jp/

《蓮根歩道橋》撮影:藤塚光政


プロダクトデザイナーであり、世界的に評価された橋の環境デザイナーである大野美代子を紹介する企画展。
大野は美術大学で空間デザインを学び、百貨店のインテリアデザイン室に勤務したあと、留学したスイスで設計事務所に在籍、帰国後に日本でデザイン事務所を立ち上げる。1970年代に洋風の家具が流通する中で、大野はプロダクトデザイナーとして日本の暮らしや食生活に適したダイニングテーブルや椅子を発表し、注目される。1977年には、初めて手掛けた歩道橋のデザインが評価され、さまざまな橋梁、道路及びその附属施設の景観デザインを手掛けるようになった。橋という巨大な土木構造物に挑戦するデザイナーが珍しい時代の中で、大野は公共空間も生活環境の一部であると考え、高齢者や子ども、妊婦にも優しい空間を提案した。美しい橋を架け、人と人、街と町を繋ぎ、新しい交流を生み出してきた大野の仕事は、デザインが重要視されてこなかった土木の世界に風穴を開け、ヒューマナイズさせることへの挑戦でもあった。これからの若い世代への架け橋として、女性デザイナーの心意気が切り拓いてきた道を、数々の作品とともに振り返る。会期中はシンポジウムやワークショップなどの関連イベントもあわせて開催される。

《ひのきダイニング》撮影:藤塚光政




特集を探す

Twitter