タイトル 美しいぼろ布展~都築響一が見たBORO~
日時 2018年3月30日(金)~ 2019年3月31日(日)
10:00-18:00(最終入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日休館)
会場 布文化と浮世絵の美術館 アミューズミュージアム
(東京都台東区浅草2-34-3)
料金 一般 ¥1,080、大学生・高校生 ¥864、中学生・小学生 ¥540、障害者手帳提示とその介護者1名 540円
電話番号 03-5806-1181
アミューズミュージアム 布文化と浮世絵の美術館URL http://www.amusemuseum.com/index.html

BORO ドンジャ

「もったいない」と「ライブ感」をコンセプトに掲げ、日本の布文化と浮世絵を斬新な展示で紹介することを目的に、2009年11月に浅草に開館した複合アート・ミュージアムの企画展。布文化と浮世絵の美術館の常設展示の核となるのは、民俗学者・田中忠三郎が収集・保管してきた衣類や生活道具の貴重なコレクション。このうち、「ぼろ」と呼ばれる衣服や布類は、青森の山村、農村、漁村において、江戸時代から何代にも渡って使われてきたもの。継ぎあてを重ねるなどして繰り返し再生し、大切に使ってきた日本の東北地方における布文化を伝えるもので、現代人が失いかけているものは何かを問いかける。
何代にもわたって、長年にわたって再生されてきた「ボロ」は、今日では、布の絵画「BORO」として、アート・テキスタイルデザインの分野でも評価され、欧米の染織美術や現代美術のコレクターも収集している。
2009年に『BORO つぎ、はぎ、いかす。青森のぼろ布文化』を出版した、写真家・編集者の都築響一氏を迎え、1年にわたって開催される本展では、都築氏が新たに撮り下ろした写真作品34点とともに、現物のBOROをあわせて展示し、美術館全体をひとつの大型インスタレーションとして展開する。