タイトル 建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの
日時 2018年4月25日(水)~ 9月17日(月)10:00~22:00(最終入館 21:30) ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
会期中無休
会場 森美術館(東京都港区六本木6丁目10-1 六本木ヒルズ森タワー53階)
料金 一般 ¥1,800、学生(高校・大学生)¥1,200、子供(4歳~中学生 ¥600、シニア(65歳以上)¥1,500
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
森美術館URL https://www.mori.art.museum/

日本の建築を読み解く鍵と考えられる、9つの特質:「可能性としての木造」「超越する美学」「安らかなる屋根」「建築としての工芸」「連なる空間」「開かれた折衷」「発見された日本」「集まって生きる形」「共生する自然」で展示を構成、古代から現代までその底流に脈々と潜む遺伝子を考察する企画展。
千利休が手がけたと伝えられる、京都・妙喜庵に現存する日本最古の茶室建築である国宝《待庵》の原寸スケールでの再現や、《広島平和記念公園》を設計し、1964年の東京オリンピック、1970年の大阪万博といった国家的プロジェクトを牽引した建築家・丹下健三の「自邸」(現存せず)の1/3スケール再現模型、齋藤精一率いるクリエイティブ集団・ライゾマティクスの建築部門であるライゾマティクス・アーキテクチャーによる体験型インスタレーションなど、模型や映像作品、貴重な建築資料を含む多彩な展示によって、日本建築の過去、現在のみならず、未来像を照らし出す。会場内のブックラウンジには、剣持勇や長大作など、戦後のモダニズム建築を彩ってきたデザイナーによるオリジナルの家具が用意され、実際に座って書籍を閲覧することができる。会期中は、シンポジウム「今、日本の建築を考える」など、関連イーラーニングも多数開催(詳細はホームページ参照のこと)。