タイトル モボ・モガが見たトーキョー モノでたどる日本の生活・文化
日時 2018年4月21日(土)~ 7月8日(日)10:00-18:00 (入館は17:30まで) 休館日:毎週月曜
会場 たばこと塩の博物館(東京都墨田区横川1丁目16-3)
料金 一般・大学生 ¥100、小・中・高校生 ¥50、満65才以上の方 ¥50(要証明書)
電話番号 03-3622-8801(代表)
会場URL https://www.jti.co.jp/Culture/museum/index.html

「みのり」のポスター デザイン:杉浦非水 1930年(提供:たばこと塩の博物館)

1923年に発生した関東大震災で壊滅的な被害を受けた東京は、復興とともに、急速な都市化の道を進む。それまで一部の階層にのみ見られていた洋風のライフスタイルが、市井の人々の暮らしの中にも浸透し、電車を使った旅行が大正から昭和にかけて流行するなど、大衆消費社会が到来する。銀座の街には、最新ファッションに身を包んだモダンボーイ(モボ)、モダンガール(モガ)と呼ばれる人々が闊歩し、人々の注目を集めた。
新たな大衆文化の隆盛、消費社会の波は、企業活動にも大きな影響を与える。石鹸やシャンプー、腕時計など、それまで舶来品のイメージが強かった商品が安く提供されるとともに、商品本体、パッケージ、ポスターなどにおいて、当時としてはモダンなデザインが取り入れられるようになった。
本展では、1930年代を中心に、大正から昭和初期(終戦直後を含む)にかけて発表された、さまざまなデザイン表現から、当時の人々の生活・文化の変化を読み解く。展示される約200点の資料は、2016年に発足した「すみだ企業博物館連携協議会」に参加する5館(たばこと塩の博物館、花王ミュージアム、セイコーミュージアム、東武博物館、郵政博物館)や企業アーカイブズに残る、時代を映す“モノ”の数々。会期中は、講演会や展示解説、映画上映会などの関連イベントも多数開催される(詳細はホームページ参照)。