タイトル いわさきちひろ生誕100年記念「Life展」
着るをたのしむ spoken words project
日時 2018年5月19日(土)〜7月22日(日)10:00-17:00(入館は閉館30分前まで) 休館日:月曜
会場 ちひろ美術館・東京(東京都練馬区下石神井4-7-2)
料金 大人 ¥800、高校生以下無料
「Life展」パスポート ¥1,000
電話番号 03-3995-0612 / テレフォンガイド:03-3995-3001
ちひろ美術館・東京 http://chihiro.jp/tokyo/
「Life展」特設サイト https://100.chihiro.jp

spoken words project ちひろコレクション2018

Art Direction:Rikako Nagashima / Photography:Ryosuke Kikuchi / Styling:spoken words project / Hair&Make-up:Chinone Hiromi / Model:Sakura Maya Michiki

いわさきちひろ(1918-1974)の生誕100年を記念する展覧会が、東京と長野のちひろ美術館にて、2018年3月から約1年にわたって開催される。いわさきちひろが見つめた「Life」をテーマに、美術、メディアアート、アパレル、建築、詩など、さまざまなジャンルで活躍中の現代作家7組がちひろとコラボレート、それぞれの領域で作品を発表する。

ちひろ美術館・東京にて、今月19日から開催される展覧会「Life展 着るをたのしむ」は、テキスタイルデザインのほか、アーティストのライブ衣装や舞台美術も手掛けるなど、ファッションの領域を超えて活動中のデザイナー、飛田正浩が主宰するファッションブランド・spoken words projectとのコラボレート。おしゃれ心を大切にしたちひろのセンスに着目し、その絵や人物のイメージから、新たな作品としての生地や服をつくる。会期中は作家によるワークショップ(定員15名、要事前申し込み、参加費別途)や、美術館スタッフによるギャラリートークも開催される。

なお「Life」とは、いのち(あるもの)、生命の力という意味とともに、いきもの、人生、生涯、生活、暮らし方、活気、生きがいなど、広い意味を含む。子どもたちのいきいきとした姿、ふと見せる寂しげな表情、時に大人のようなまなざし、無垢なる瞳、その一瞬一瞬を捉え、いわばいのちそのものを描き出したいわさきちひろが、病で没するまで描き出した「Life」とは何か、コラボレーション作家それぞれが自らと向き合い、本展のために制作した作品が披露されるとともに、来場者にも語りかける。


いわさきちひろ生誕100年記念「Life展」 各展覧会タイトル、出展作家、会期は以下の通り。
会場:安曇野ちひろ美術館
「あそぶ」 plaplax 2018年3月1日(木)〜5月7日(月)
「ひろしま」 石内都 2018年5月12日(土)〜7月16日(月)
「子どものへや」 トラフ建築設計事務所 2018年7月21日(土)〜9月25日(火)
「みんないきてる」 谷川俊太郎 2018年9月29日(土)〜12月16日(日)

会場:ちひろ美術館・東京
「まなざしのゆくえ」大巻伸嗣 2018年3月1日(木)〜5月12日(土)
「着るをたのしむ」 spoken words project 2018年5月19日(土)〜7月22日(日)
「あそぶ」 plaplax 2018年7月28日(土)〜10月28日(日)
「作家で、母で つくる そだてる」 長島有里枝 2018年11月3日(土)〜2019年1月31日(木)


■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「ちひろ美術館・東京 Life展 着るをたのしむ spoken words project」チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は6月18日(月)。ご応募をお待ちしております。