タイトル AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展
日時 2018年6月29日(金)〜10月14日(日)10:00-19:00(入場は18:30まで) 休館日:火曜
会場 21_21 DESIGN SIGHT(東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)
料金 一般 ¥1,100、大学生 ¥800、高校生 ¥500、中学生以下無料
電話番号 03-3475-2121
会場URL www.2121designsight.jp

本展のタイトルおよび展示構成は、展覧会ディレクターを務める中村勇吾氏が、Cornelius(コーネリアス)のニューアルバムについてショーン・オノ・レノンが語ったエッセイの一節「He paints a kind of audio architecture.」に触発されたことに由来している。
私たちが普段なにげなく親しんでいる音楽は、音色や音域、音量、リズムといった様々な要素によって緻密にデザインされた構造物(アーキテクチャ)であると言い換えることができるが、日常の中でその成り立ちや構造について特別に意識する機会は少ない。本展では、ミュージシャンの小山田圭吾(Cornelius)が展覧会のために書き下ろした新曲『AUDIO ARCHITECTURE』が核となり、映像、アニメーション、ダンス、グラフィック、広告、イラストレーション、プログラミング、メディアデザインなどの領域を横断しながら、多彩な感性をもって新しい表現に取り組んでいる複数の作家が、それぞれの視点から同曲を解釈して映像作品を制作し、視覚化を試みる。
会場はギャラリー1&2からなる。先ず、メインとなる楽曲『AUDIO ARCHITECTURE』のスタジオライブ映像(制作:稲垣哲朗)が、導入部となるギャラリー1にて披露される、同曲は空間が連続するギャラリー2でも共有され、会場全体を支配する。8組の参加作家による映像作品は、壁・床2面、長さ27メートルの大型スクリーンと、その裏側に個別に用意されたブースの小型スクリーンの両方で鑑賞できるほか、大型スクリーンの床面に乗って歩くことも可能で、来場者が作品の中に身を置いたり、離れて俯瞰したり、多角的な鑑賞の視点が用意されている。会場構成は片山正通(Wonderwall)。会期中は関係者によるトークイベントなども各種開催される(要予約)。

大西景太「Cocktail Party in the AUDIO ARCHITECTURE」Photo: Atsushi Nakamichi (Nacása & Partners Inc.)