タイトル 特別展「縄文-1万年の美の鼓動」
日時 2018年7月3日(火)~9月2日(日)9:30-17:00(入館は閉館30分前まで。但し、金曜・土曜は21:00まで開館。日曜および7月16日[月・祝]は18:00まで開館)
休館日:月曜(但し、7月16日[月・祝]、8月13日[月]は開館)、7月17日(火)
会場 東京国立博物館 平成館(東京都台東区上野公園13-9 上野公園内)
料金 一般 ¥1,600、大学生 ¥1,200、高校生 ¥900、中学生以下無料
電話番号 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
「縄文-1万年の美の鼓動」公式サイト http://jomon-kodo.jp/
東京国立博物館URL http://www.tnm.jp
ミュージアムシアター http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=list&cid=12

日本における縄文時代は、それまでの氷期から今日のような温暖な気候へと変わるのと前後して始まった。以来、1万年もの間、日本列島のほぼ全域にわたって展開する。狩猟や漁撈、採集を生業とした縄文文化は、世界最古級の土器を生み出し、世界の先史土器のなかでも群を抜く造形美を誇る土器を作り出した。なかでも、新潟県十日町市の笹山遺跡出土し、国宝に指定された《火焰型土器》は、その代表ともいえるもので、岡本太郎(1911-1996)をはじめ後世の作家にも大きな影響を与えた。
この《火焰型土器》を含めて、縄文時代の出土品として国宝に指定されているのは、土偶5件をあわせた6件のみ。本展ではその全てを見ることができる(《縄文のビーナス》および《土偶 仮面の女神の展示は7月31日〜9月2日)。そのほか、「縄文ポシェット」こと木製編籠、遮光器土偶などの重要文化財を含む約200件の土器、土偶、石板などを、暮らしの美/美のうねり/美の競演/縄文美の最たるもの/祈りの美、祈りの形/新たにつむがれる美の6章立てを通して総覧し、「縄文」の魅力をあらためて見つめなおす。
会期中はトークイベントなど関連イベントも各種開催。東洋館B1Fのミュージアムシアターでは、VR(バーチャルリアリティ)作品「DOGU 美のはじまり」も上映される(開催日時など詳細は会場ホームページ参照)。

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「縄文展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2018年7月25日(水)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter