タイトル TOGAKUDO EXHIBITION carving glass
日時 2018年7月27日(金)〜31日(火)10:00〜18:00(27日のみ13:00〜)
会場 しまだいギャラリー東館(京都市中京区御池通東洞院西北角)
料金 入場無料
電話番号 075-222-0282(陶額堂)
問い合わせ http://www.togakudo.co.jp
http://shimadai-gallery.com

2018年6月号(162号)「あたたかいガラス」特集(http://confortmag.net/archives/backnumber/no-162)に登場した、陶とガラスのクリエイター集団「陶額堂」(http://www.togakudo.co.jp)が京都・烏丸御池のギャラリーでガラス作品の展覧会を催す。

“水の表面をガラスに固定してみたい”

その思いを形にすべく、さまざまな試行錯誤を経て編み出した「カーヴィングガラス(CARVING GLASS)」の技法を用いて制作した、「水面(みなも)」がテーマの作品が並ぶ。ガラスでありながら、その表面はゆるやかに波打っており、それを通した光が不思議な陰影を生む。

162号の誌面でも紹介したように、「ダイビル本館」「芦屋ベイコート倶楽部 ホテル&リゾート」など、数々の現代建築に作品を納めてきた陶額堂だが、アート作品としての展覧会は今回が初めてだという。会場として選んだのは、明治16年(1883)に建てられた京町家。しっとりと落ち着いた伝統の空間に、ガラスによって描き出された波紋がつややかに光る。