タイトル 没後50年 河井寬次郎展 ―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―
日時 2018年7月7日(土)~9月16日(日) 10:00-18:00(入場は閉館30分前まで)
休館日:水曜、8月13日(月)〜15日(水)
会場 パナソニック 汐留ミュージアム(東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F)
料金 一般 ¥1000、65歳以上 ¥900、大学生 ¥700、中・高校生 ¥500、小学生以下無料  障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで入館無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL http://panasonic.co.jp/es/museum/

フライヤーの作品《三色打薬双頭扁壺》1961年頃個人蔵 photo:白石和弘

大正から昭和にかけて、京都を拠点に活動した陶工・河井寬次郎(1890-1966)。実用を重んじた力強い作品を数多く生み出し、陶芸家の濱田庄司(1894-1978)、柳宗悦(1889-1961)らとともに民藝運動を推進、1936(昭和11)年に開館した日本民藝館の理事も務めた。戦後は、色鮮やかな釉薬を用いた重厚で変化に富んだ独自の作風を確立する一方で、実用にとらわれない、自らの内面から湧き出る自由で独創的な造形表現を展開し、その卓越した芸術性は、没後50年を超えてなお、国内外で高い評価を受けている。
本展では、河井の旧宅である京都の河井寬次郎記念館の所蔵作品を中心に、本邦初公開となる山口大学所蔵作品などの陶芸や木彫、書、調度類などを紹介し、寬次郎の仕事の全貌と深い精神世界を総覧する。さらにパナソニックの創業者、松下幸之助が求めた寬次郎作品のほか、幸之助が寬次郎に文化勲章を推薦した際に寬次郎に贈った当時の最新トランジスタラジオ「パナペット(R-8)」の同型品が特別に出品される。


■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「河井寛次郎展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2018年8月6日(月)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter