一枚板ギャラリーではテーブル天板が何枚も並ぶ様子に目をみはる。その家具蔵から新しいテーブルが発表された。四辺がゆるやかなアールを描く天板は、エッジにテーパーがついており、脚も下部ほどすぼまる。空間における存在感というよりは、座って手や身体に触れたときのやさしさが重視されているようだ。サイズは1400×800、1500×850、1650×900、1800×900㎜で、樹種はホワイトアッシュ、メープル、チェリー(写真、W1400㎜、\127,000)、ウォルナット。
[家具蔵(かぐら)]tel 03-3797-1700




特集を探す

Twitter