タイトル イサム・ノグチ -彫刻から身体・庭へ-
日時 2018年7月14日(土)〜 9月24日(月)11:00 -19:00(金・土は11:00-20:00、入場は各日とも閉館30分前まで)休館日:月曜(祝日の場合は翌日火曜)、8月5日(日・全館休館日)
会場 東京オペラシティ アートギャラリー(東京都新宿区西新宿3-20-2)
料金 一般1,400、大・高生1,000、中学生以下無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
詳細 http://www.operacity.jp/ag/exh211/

20世紀を代表する彫刻家の一人であるイサム・ノグチ(1904-1988)。日本の詩人であり英文学者の野口米次郎を父に、アメリカ人の作家レオニー・ギルモアを母に持ち、世界文化を横断しながら生きた。舞台美術、陶芸、家具、照明のデザイン、さらには最晩年にモエレ沼公園のマスタープランを手がけるなど、幅広い創作活動を展開した。
本展は、ノグチが抽象彫刻の分野にあっても常に「身体」を意識し続けたことや、そうした意識が、子供のための遊具デザインやランドスケープといった人間をとりまく環境へ向かい、ノグチ自身がいう「空間の彫刻」=庭園への情熱に拡大していったことに着目する。若き日に北京で描いた毛筆による身体ドローイング、モダンダンスの開拓者マーサ・グラハムのための舞台装置、日本で制作された陶作品や光の彫刻「あかり」のデザイン、さらに《チェイス・マンハッタン銀行プラザのための沈床園》(1961-64)など庭園、ランドスケープの模型・資料・動画、そして晩年の峻厳な石の彫刻まで、多様な作品を通して、「異文化の融合」や「生活と環境の一体化」をめざしたその活動の全容に迫る。

イサム・ノグチ
《チェイス・マンハッタン銀行プラザのための沈床園》
1961-64年
© The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York / Artist Rights Society [ARS] – JASPAR. Photo by Arthur Levine.