タイトル 没後50年 藤田嗣治展
日時 2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
開室時間 9:30-17:30、金曜日は9:30-20:00(各日とも入室は閉室の30分前まで) ※但し、8月3日(金)、10日(金)、17日(金)、24日(金)、31日(金)は 9:30-21:00
休室日:月曜、9月18日(火)、25日(火)※但し、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
会場 東京都美術館 企画展示室(東京都台東区上野公園8-36)
料金 一般 ¥1,600、大学生・専門学校生 ¥1,300、高校生 ¥800、65歳以上 ¥1,000
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL http://www.tobikan.jp
展覧会特設サイト http://foujita2018.jp/

明治半ばの日本で生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となった画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ 1886-1968)。エコール・ド・パリの寵児のひとりであり、太平洋戦争期の作戦記録画でも知られる藤田が世を去って50年目にあたる今年、画業の全貌を展覧する大回顧展が開催される。展覧会ポスターにもなっている、フランスのポンピドゥー・センターが所蔵する作品《カフェ》(1949)をはじめ、初来日となる作品やこれまで紹介されることの少なかった作品も含めて、内外の美術館から100点以上の作品が一堂に会する。藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦像では、数年前に修復を終えた大原美術館が所蔵する《舞踏会の前》や、東京国立近代美術館の《五人の裸婦》など、国内の代表作に加え、海外からも1920年代の最盛期に描かれた裸婦像が出展される。「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究成果等も盛り込みながら会場を構成、藤田芸術をとらえ直そうと試みる。

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「没後50年 藤田嗣治展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2018年8月27日(月)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter