タイトル 本と美術の展覧会vol.2「ことばをながめる、ことばとあるく 詩と歌のある風景」
日時 2018年8月7日(火)~10月21日(日)
開館時間 10:00-18:00(展示室への入場は17:30まで)
休館日:月曜(但し、9月17日、24日、10月8日は祝休日のため開館、翌日火曜休館)
会場 太田市美術館・図書館(群馬県太田市東本町16番地30)
料金 一般 ¥500、65歳以上と高校生以下、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付者及びその 付添人1人は無料。おおた家庭の日(毎月第1日曜日)は中学生以下の子ども同伴の家族無料
電話番号 0276-55-3036
詳細 http://www.artmuseumlibraryota.jp/post_artmuseum/2288.html
太田市美術館・図書館 公式URL http://www.artmuseumlibraryota.jp/

展覧会メインビジュアル(デザイン:平野篤史)


美術館と図書館の複合施設である太田市美術館・図書館が、「本」と「美術」の架橋をテーマに連続開催する企画展の第二弾。第一弾は、昨年8月4日から10月22日にかけて、本と美術の展覧会vol.1「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり 絵本原画からそうぞうの森へ」が開催された。
今回のテーマは詩と歌(短歌)。画家が絵具を素材とするように、言葉を用いて表現・思考の新たな地平を切り開く詩人・歌人たちの作品が、グラフィックデザイナー・画家・イラストレーターたちとの共同によって、詩×グラフィック、詩×絵画、短歌×イラストレーションという章立てで展開される。例えば、[詩×グラフィック]では、詩集や小説、エッセイのほか、ウェブでのアニメやゲーム、アプリなど、多角的な活動を展開する気鋭の詩人・最果タヒの詩を、グラフィックデザイナーの佐々木俊、祖父江慎、服部一成の三人が、それぞれ異なる解釈とアプローチによってグラフィックで表現する。鑑賞者が美術館という空間のなかにおける言葉を眺め、それらの言葉とともに歩き、さまざまな視覚表現とともに鑑賞することで、詩と歌の新たな鑑賞体験の獲得を目指す。

出品作家:最果タヒ、佐々木俊、祖父江慎、服部一成、管啓次郎、佐々木愛、大槻三好・松枝、惣田紗希
空間構成:豊嶋秀樹
ヴィジュアルデザイン:平野篤史

[参考作品] 祖父江 慎《部屋本 坊っちゃん》©SHIN SOBUE / Dogo Onsenart 2018


■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「太田市美術館・図書館 本と美術の展覧会vol.2 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2018年9月10日(月)。ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter