タイトル インゲヤード・ローマン展
日時 2018年9月14日(金)〜12月9日(日)10:00-17:00(入館は閉館30分前まで)休館日:月曜(但し、祝日の9月17日、9月24日、10月8日は開館)、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)
会場 東京国立近代美術館工芸館(東京都千代田区北の丸公園1-1)
料金 一般 ¥600、大学生 ¥400
高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
無料観覧日:11月3日(土・祝)文化の日
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル 8:00-22:00)
問い合わせ http://www.momat.go.jp/cg/exhibition/ingegerd_2018/

きわめてシンプルかつリリカルな美しさを湛えた器で知られるインゲヤード・ローマンの、日本初の大規模な展覧会が開かれる。
ローマンは1943年ストックホルム生まれ。スウェーデンを代表する女性デザイナーであり、轆轤に向かい、自らの手で陶土から形を生み出す陶芸家(自身によればpotter=陶工)でもある。

スタジオでのインゲヤード・ローマン
photo: Anna Danielsson/Nationalmuseum Stockholm

《ボウル》 1999年 インゲヤード工房
photo: Anna Danielsson/Nationalmuseum Stockholm


本展は日本とスウェーデンの外交関係樹立150周年を記念して開催されるもので、2016年にスウェーデン国立美術館で開催された同名の展覧会をベースに、日本展ならではのローマン自身による和室での特別展示も行われる。

出品点数は約180点。代表作を中心に、北欧の伝統あるメーカー、スクルフ(Skruf)やオレフォス(Orrefors)、あるいは有田焼や木村硝子と協働したガラス器、イケアとのコラボレーションで生まれた家具やバスケットなどが展示される。展示デザインは、世界的に注目されるストックホルムのデザイントリオ「CKR」。自然光を生かした展示になるという。

シンプルという言葉だけでは語り尽くせない美しいかたちの数々に触れることができる、またとない機会になりそうだ。

なお、10月27日(土)14時から、インゲヤード・ローマンの講演会が開かれる。詳細は、公式ホームページへ。

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「インゲヤード・ローマン展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2018年10月12日(金)。

ご応募をお待ちしております。

《ティー・サービス・セット》 2016年 2016株式会社
photo: Anna Danielsson/Nationalmuseum Stockholm

《THE SET》 2017年 木村硝子店
photo: Anna Danielsson/Nationalmuseum Stockholm