タイトル 宮脇 檀 手で教える -教育者・宮脇 檀へのオマージュ展 +
宮脇 檀 手が考える-建築家 宮脇檀のドローイング展
日時 2018年9月29日(土)~10月21日(日)平日12:00~18:00、土・日14:00-18:00
10月4日(木)のみ大学創立記念日休館
会場 日本大学生産工学部 津田沼キャンパス内 39号館1階ギャラリー
注.シンポジウム会場は同館6階スプリングホール
料金 入場無料
詳細 http://www.arch.cit.nihon-u.ac.jp/news/2018/09/10/001465.html

千葉県・津田沼の日本大学生産工学部津田沼キャンパス内のギャラリーにて、「宮脇 檀 手で教える-教育者・宮脇檀へのオマージュ展 居住空間デザインコースで教えたこと-」が開催される(主催:日本大学生産工学部建築工学科)と、「宮脇 檀 手が考える-建築家 宮脇檀のドローイング展」巡回展(主催:JIA-KIT建築アーカイブス)が開催される。

日本大学生産工学部建築工学科に、住宅設計と住環境を中心とした建築教育を行なう「居住空間デザインコース」が開設されたのは1991年、初代塾長に就任したのが宮脇 檀(1936-1998)であった。「眼を養い、手を練れ」を主軸とした宮脇の教育理念は、没後20年を経た今も、現場で受け継がれている。本展では、優れた教育者でもあった宮脇が「手で教えた」こととは何か、映像を含む展示やシンポジウムなどを通して、これからの建築教育・設計教育についても見つめ直す。

■シンポジウム
「穴が開くほど見る──建築写真から読み解く暮らしとその先 宮脇檀特別版」
日時:2018年9月29日(土) 16時-18時
場所:日本大学生産工学部 津田沼キャンパス 39号館6階スプリングホール
登壇者:阿部 勤(株式会社アルテック代表取締役)、藤村龍至(東京藝術大学美術学部建築科准教授・RFA主宰)、中村好文(レミングハウス主宰・多摩美術大学客員教授)、鍋島千恵(株式会社TNA共同主宰・居住空間デザインコース4期生)
モデレーター:西牧厚子(新建築社「住宅特集」編集長・居住空間デザインコース8期生)
参加無料
日本大学生産工学部建築工学科ホームページから要申し込み(申込締切:9月17日(月)正午。申込多数の場合は抽選)