タイトル 南の島の家づくり -東南アジア島嶼部の建築と生活-
日時 2018年10月6日(土)〜 12月2日(日)9:30-16:30(入場は16:00まで)休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
会場 竹中大工道具館 1Fホール(兵庫県神戸市中央区熊内町7-5-1)
料金 一般 ¥500、大高生 ¥300、中学生以下無料、 65歳以上 ¥200(常設展観覧料を含む)
電話番号 078-242-0216
会場URL http://dougukan.jp

インドネシア・スラウェシ島トラジャ族の家屋トンコナン/撮影:佐藤浩司


世界にはさまざまな木造建築が存在する。気候や材料などの環境特性のみならず、その土地土地の信仰や対外的な交流など、さまざまな要因が建築に反映され、形となって立ち現れる。本展では、東南アジア島嶼部(とうしょぶ)と呼ばれる大小さまざまな島からなる地域に焦点をあて、その建築と生活文化について紹介する。なかでも、この地域の主要な民族であるオーストロネシア語族(フィリピン、インドネシア、マレーシアとベトナムにまたがる)は、アニミズムを基層としながら、隣接する中国やインド、そしてイスラムの影響を受け、植民地時代以降はヨーロッパからの影響も入り、民族ごとにユニークで多様な建築世界を形づくってきた。それらをつくる建築技術とは、どんなものなのか。身近な生活圏から得られる材料を熟知し、使いこなす知恵などを通して、多様な文化が混在する東南アジアの世界を、現地で使われている建材、模型、写真や映像など約200点の資料を通じて、建築技術の側面から垣間見る。会期中、「技と心」セミナー[90]「王様の館の造りかた-ジャワ島の大工技術-」などの関連イベントも開催される(詳細、申し込み方法は、ホームページ参照)。
なお本展は、東京の竹中工務店東京本店1FにあるGALLERY A4(ギャラリー エー クワッド)にて、今年8月から9月にかけて開催された企画展「南の島の家づくり-東南アジア島嶼部の建築と生活-」の巡回展。

慣習家屋建替工事(スンバ島)/撮影:佐藤浩司


■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず、「竹中大工道具館 南の島の家づくり チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2018年11月5日(月)。

ご応募をお待ちしております。