タイトル ルーベンス展ーバロックの誕生
日時 2018年10月16日(火)〜2019年1月20日(日)9:30-17:30(金・土曜は20:00まで開館/但し、11月17日を除く)※入館は各日とも閉館30分前まで
休館日:月曜(ただし12月24日、1月14日は開館)、2018年12月28日(金)~2019年1月1日(火)、1月15日(火)
会場 国立西洋美術館(東京都台東区上野公園7−7)
料金 一般 ¥1,600、大学生 ¥1,200、高校生 ¥800、中学生以下は無料、※心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)
電話番号 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
会場URL http://www.nmwa.go.jp
展覧会公式サイト http://www.tbs.co.jp/rubens2018/

ペーテル・パウル・ルーベンス(1577-1640)は、壮麗華美なバロック様式が栄えた、17世紀ヨーロッパを代表する画家。大工房を構えて大勢の弟子を抱え、作品を量産するという時代に先駆けた制作工程をとり、同時代以降の画家たちに大きな影響を与えた。ルーベンスの能力は画業にとどまらず、外交官としての才も有していた。
本展は、ルーベンスとイタリアとのかかわりに焦点を当てて紹介する。フランドル地方南部(現在のベルギー領)で育ったルーベンスは、幼いころから古代文化に親しみ、古代ローマ帝国およびルネサンス発祥の地であるイタリアに憧れを抱いた。1600年以降、断続的に8年間をイタリアで生活し、滞在中に当地に残された作品を研究することで、自らの芸術を大きく発展させた。本展は、ルーベンスの作品を、古代彫刻や16世紀のイタリアの芸術家の作品、そしてイタリア・バロックの芸術家たちの作品とあわせて展示し、ルーベンスがイタリアから何を学んだのかを追いながら、ルーベンスとイタリア・バロック美術との関係性を浮き彫りにする。会期中、関連イベントとして、講演会、スライドトークも開催予定(詳細はホームページ参照)。本展は、近年では最大規模のルーベンス展となる。

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず、国立西洋美術館「ルーベンス展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2018年11月5日(月)。

ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter