タイトル 岩倉榮利の世界
日時 2018年11月29日(木)〜12月6日(木) 10:30〜19:00
会場 リビングデザインセンターOZONE(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー)
料金 無料
電話番号 03-5322-6500(リビングデザインセンターOZONE)
問い合わせ https://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/648
休館日 水曜日
主催 岩倉塾

家具デザイナー・岩倉榮利の活動50年を記念した展覧会が、東京・新宿「リビングデザインセンターOZONE」内の3カ所を会場に開催される。

「50years, 50chairs」に展示される、1984年発表の『KAMUI』。

3階のパークタワーホールで行われる「50years, 50chairs」展では、岩倉氏がこれまでにデザインを手がけた50脚の椅子と5台のソファが展示されるほか、ドローイングも公開される。軌跡を辿る年表からは、それぞれの椅子が誕生するまでの背景が伺えるだろう。

SAIEI株式会社とのコラボレーションにより生まれた、新作の水栓『MONOTON』。

1階・ギャラリー1の「MONOTON」展では、水まわり器具を製造するメーカー・SANEI株式会社とコラボレーションをした新作プロダクトが、岩倉氏によるデザインブランド「tobi」の家具でコーディネートされた空間の中で披露される。

新潟県加茂市と岩倉氏が協働し、デザインを手がけた桐箪笥。

6階ロードサイドスクエアでは、岩倉氏が新潟県加茂市と協働した桐箪笥のプロジェクトを紹介する「KIRI-DANSU WORLD」展が行われる。会場では、伝統工芸に新たなデザインが吹き込まれた桐箪笥とともに、岩倉氏の家具シリーズ「Marilyn」が展示される。

今年で古稀を迎える氏の多岐にわたる活動が、様々な切り口で取り上げられる展覧会。50年に及ぶ岩倉榮利のデザインワークの本質に迫る。