タイトル 工芸の教科書
日時 2018年11月2日(金)〜12月24日(日・振休)9:30-17:00(12月21日[金]は19:00まで。開館入館は各日とも閉館30分前まで)
休館日:月曜日(12月24日は開館)
会場 栃木県立美術館(栃木県宇都宮市桜4丁目2-7)
料金 一般 ¥800、大高生 ¥500、中学生以下無料
*「工芸の教科書」展の観覧券で「古川龍生展」もご覧いただけます
*企画展観覧券でコレクション展もご覧いただけます
電話番号 028-621-3566
会場URL http://www.art.pref.tochigi.lg.jp

豊かな自然に恵まれ、陶芸や金工、木竹工や染織、漆芸、ガラス工芸など多彩な工芸を生み出してきた栃木県。近代以降の重要無形文化財保持者」(通称:人間国宝)に、陶芸では濱田庄司、田村耕一、島岡達三が、竹工芸では勝城蒼鳳と藤沼 昇が認定され、作品は海外でも高く評価されている。
本展では、栃木ゆかりの工芸を中心に、人間国宝の作品をはじめとする優品約70点を見ることができる。さらには、人々が工芸の「美」に惹かれる理由の手がかりとして、素材や技法に焦点を当て、図面や石膏型、制作工程見本などもあわせて紹介する。「つくりかた」を知ることによって、作品への理解を深め、新たな発見を来場者に促す。
会期中、金継ぎや竹工芸のワークショップ、担当学芸員によるギャラリー・トークなども開催される(詳細はホームページ参照)。

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず、「栃木県立美術館 工芸の教科書展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2018年11月26日(月)。

ご応募をお待ちしております。