タイトル 建築 × 写真 ここのみに在る光
日時 2018年11月10日(土)~2019年1月27日(日)
10:00-18:00(木・金曜は20:00まで)※入館は閉館時間の30分前まで
休館日:毎週月曜(但し、12月24日[月・振休]および1月14日[月・祝]は開館、12月25日[火]と1月15日[火]は休館)、 12月29日(土)-2019年1月1日(火・祝)
会場 東京都写真美術館 3F展示室(東京都目黒区三田1丁目13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)
料金 一般 ¥600、学生 ¥500、中高生・65歳以上 ¥400
※ 小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料/当館年間パスポートご提示者無料(同伴の方1名様まで無料)
※1月2日(水)は観覧無料、3日(木)は2割引
電話番号 03-3280-0099
会場URL http://topmuseum.jp

建築と写真の関係は、写真の黎明期の時代から密接にかかわっている。現存する最も古い写真は、1827年頃にジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって撮影された、窓から見える「たてもの」の一角である。初期の写真技術では、人や動物といった動くものを撮影することが難しかったため、動かない建築は格好の被写体となった。
19世紀末には都市開発が進み、街の変貌が著しい時期を迎える。過去の建築や、出来たばかりの建築を記録するために、写真という新しい技術が盛んに使用され、現在にいたるまで、多くの建築が撮影された。
本展では、東京都写真美術館のコレクションを中心に、さまざまな建築を捉えた写真を紹介する。写真が発明された頃からどのような建築が写されてきたのか、そして現代の写真家がどのように建築を捉えてきたのかを紐解く。
会期中は、トークイベントやワークショップなどの関連イベントも多数開催(詳細はホームページ参照)。

第1章 建築写真の歴史 ~東京都写真美術館コレクションより~
第2章 建築写真の多様性 ~11人の写真家たち~
渡辺義雄、石元泰博、原 直久、奈良原一高、宮本隆司、北井一夫、細江英公、柴田敏雄、 二川幸夫、村井 修、瀧本幹也

渡辺義雄〈伊勢神宮〉より 《内宮東宝殿》 1953年 東京都写真美術館蔵





特集を探す

Twitter