タイトル 名和晃平 Biomatrix
日時 2018年10月10日(水)〜12月8日(土)12:00-18:00 休廊日:日曜・月曜・祝日
会場 SCAI THE BATHHOUSE(東京都台東区谷中 6-1-23 柏湯跡)
料金 入場無料
電話番号 03-3821-1144
会場URL https://www.scaithebathhouse.com/ja/

デジタル画像の「Pixel(画素)」と、生物の最小構成単位である「Cell(細胞)」をかけ合わせた独自の制作概念「PixCell(ピクセル)」をもとに、さまざまな表皮のイメージを生成する名和晃平。素材の使用や技法の新たな開発に、有機的な生体のイメージを交差させ、鑑賞者の視触覚を刺激する新たなビジョンを打ち出してきた。自然も人工物もすべては粒子の集合であるという認識に基づき、固体と液体の区分さえもたない名和の彫刻は、重力や物理の普遍的な法則に従って形づくられる。それは、あたかもDNAのように粒子に読み込まれた情報が、おのずと空間を彫塑する生成プロセスによって特徴づけられている。
本展の中心となる作品シリーズ「LIQUID」(2003年〜)では、シリコーンオイル、金属粉、顔料などを組み合わせた液状素材を使用し、液面に気泡(セル)を発生させる。次々と湧き上がり消滅する気泡———そのひとつひとつは、皮膜をつくる細胞の要素であると同時に、粒子の運動が引き起こす現象の単位となる。電気的に制御された液体素材のプールは、視覚情報を増幅する皮膜となり、細胞のパターンを生成する「Pixel(ピクセル)」の基盤として捉えられる。マグマや血液のように終わりのない循環を続けるシリコーンオイルは、高粘度の特性に従い、鑑賞者の予測を裏切る速度で液面の動きを描きます。細胞を生成する枠組み(マトリクス)のように整然とした配列は、同時多発的に広がる気泡の生成と消滅、そして表面張力の破裂音と共に空間を満たし、変化する視覚情報の連続が鑑賞者の感覚を刺激する。

©Kohei Nawa

Photo : Nobutada OMOTE | SANDWICH



名和はこれまでも、ホワイトキューブに流れ続ける線状の黒いオイル(《Force》2015年)や、際限なく生成し続ける泡沫(《Foam》2013年)など、有機的な現象を現代の化学素材で再現してきた。それはあらゆる素材を分子レベルに還元し、液体の表面張力や流動性などの物理現象に立ち返り、素材の特性を開花させる名和の方法論に基づいている。界面は物質と私たちの知覚を結びつける皮膜となり、空間との相互作用を通じて、ある体験としてのイメージが生成される———このとき、リアルとバーチャル、ミクロとマクロ、自然と人工などあらゆる対立が、この皮膜の上で消え去り、シリコーンオイルに湧き上がる気泡が、生体とオブジェの境界を超えて鑑賞者に迫る。




特集を探す

Twitter