タイトル 神々のやどる器 —中国青銅器の文様—
日時 2018年11月17日(土)〜12月24日(月・祝)10:00-17:00(最終入場時間 16:30) 休館日:月曜(※12月24日[月]は開館)
会場 泉屋博古館分館(東京都港区六本木1丁目5-1)
料金 一般 ¥800、高大生 ¥600、中学生以下無料
※障がい者手帳ご呈示の方、および付添人1名様まで無料
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場URL https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/

《虎卣》 (こゆう) 商時代後期 泉屋博古館

中華文明を代表する存在である中国青銅器。今から3,500年以上前に誕生し、世界史上にもまれに見る複雑な造形へと発達した殷周青銅器は、後の時代の中国のみならず、日本の伝統的な金属工芸品にも多大な影響を与えてきた。また、漢代以降に流行した銅鏡には、様々な神、仙人、獣が描かれ、そこに映し出された世界には、古代の人々の思想を活き活きと読み取ることができる。
本展では、中国青銅器の文様に焦点を当て、古代中国の工人たちの卓越した技と、それによって表された古代の精神世界を探求する。世界的にも名高い住友コレクションの数々の名品を通じて、古代中国の世界を余すことなく紹介(出品数106、会期中の展示替えなし)。会期中はワークショップやトークイベントもあわせて開催される。


■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず、「泉屋博古館分館 神々のやどる器展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2018年12月3日(月)。

ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter