タイトル 「それを超えて美に参与する 福原信三の美学 Shinzo Fukuhara / ASSEMBLE, THE EUGENE Studio」展
日時 1st:2018年10月19日(金)~12月26日(水)
2nd:2019年1月16日(水)~3月17日(日)
12月27日〜1月15日は、年末年始休業と展示替えを含む休廊期間
平日 11:00-19:00、日・祝日 11:00-18:00 休廊日:月曜、 12月27日(木)〜1月15日( 火)
会場 資生堂ギャラリー(東京都中央区銀座 8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階)
料金 入場無料
電話番号 03-3572-3901
資生堂ギャラリー http://www.shiseidogroup.jp/gallery/?rt_pr=trc06

資生堂の初代社長である福原信三(1883-1948年)は、資生堂の化粧品づくりやデザインの基礎を築いた経営者であり、近代日本の先駆的な写真芸術家でもあった。銀座に今日まで続く資生堂パーラー、資生堂ギャラリーをオープンしたのは、人々が出会い、対話をうながし、さまざまな新しい価値観が生まれ、人々が共有できる場/プラットフォームの創出を意図したものである。経営者、写真家としての活動領域を超えて、社会創造に積極的に関わった極めて現代的な芸術家の美学は、今日の社会において、どのような創造的輝きを放つのか? 福原が遺した膨大なテキストを、AI・自動言語処理による形態素解析という新しい方法でアプローチし、福原の活動の指針となった思考の解釈を試みる。「それを超えて美に参与する」という福原の創造的思考の断片を示し、現代に継承するプロジェクトとして、展示協力者として迎えた、ASSEMBLE(アッセンブル)と、THE EUGENE Studio(ザ・ユージーン・スタジオ)が会場構成を行なう。







特集を探す

Twitter