タイトル 小野 規「COASTAL MOTIFS」
日時 2018年11月21日(水)~12月21日(金)会期中無休、開館時間は会場URL参照
会場 アンスティチュ・フランセ東京 ギャラリー、ホール
(東京都新宿区市谷船河原町15)
料金 入場無料
電話番号 03-5206-2500
詳細 https://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/coastal-motifs/
会場URL http://www.institutfrancais.jp/tokyo/about/contact/

「COASTAL MOTIFS(コースタル モチーフス|2017-2018)」 は、フランスのパリとアルルを拠点に活動する写真家、小野規の新作となる写真シリーズである。
小野は2017年夏、フランス政府のアーティスト・イン・レジデンス「ヴィラ九条山(京都)」に滞在し、東日本大震災後、2011-12年にかけて撮影した東北地方の太平洋沿岸を再訪した。岩手・宮城・福島各県の海岸に連なる湾をひとつまたひとつと訪ねていく作者の視界を否応なく占拠するのは、総事業費約1兆円、高さ10メートル以上、総延長400キロメートルにおよぶ建設中の防潮堤である。戦後最大の津波をもたらした自然への日本人からの返答ともいえる巨大な防潮堤を前に、「海に囲まれ育まれてきた日本が海を生活空間から遮断し、視界から抹消しようとしていることに衝撃を感じている」と語る小野の作品は、復興がもたらす未来の日本の風景について複雑な問いを投げかけてくる。
当シリーズは2018年春に開催された「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」において初めて発表され、本展は、10月26日(金)から都内各所で開催中の「TOKYOGRAPHIE 2018 -KYOTOGRAPHIE SPECIAL EDITION-」展に合わせて巡回する。

COASTAL MOTIFS, 2017-2018, 大船渡湾 – 岩手県 #9183 ©Tadashi Ono / La Villa Kujoyama




小野 規
東京都生まれ、信州大学農学部林学科を卒業後、渡仏。自然・都市環境、建築、歴史といった主題への関心から写真を始め、1991年、アルル国立高等写真学院を卒業。以後パリを拠点に、近代の文明のフォルムを独自の視点によって記録・表象する作業を続け、パリ国立図書館、東京国立近代美術館、アルル国際写真フェスティバルなどで作品を発表する。近年は、2011年東日本大震災後の東北地方沿岸の風景の変化、2013年トルコ、イスタンブール市民による大規模な抗議運動後の都市公園、などをテーマとした作品を制作している。2017年には京都にある「ヴィラ九条山」のレジデント・アーティストに選出され、東北に通いながら滞在制作を行った。2011年より京都造形芸術大学教授、2017年以降はアルル国立高等写真学院教授就任を機に、アルルを拠点に活動している。

キュレーター: パスカル・ボース




特集を探す

Twitter