タイトル CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展
日時 2018年12月7日(金)〜16日(日)11:00-20:00 会期中無休
会場 スパイラルガーデン(東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F)
料金 入場無料
シチズン公式ホームページ内特設ページ https://citizen.jp/100th/event/spiral/index.html
会場URL https://www.spiral.co.jp

シチズン時計株式会社の創業100周年を記念した企画展示イベント。
同社の企業精神の本質である「光と時」をテーマに、時計の全ての部品を支える基盤装置である地板を使ったインスタレーションは、「“LIGHT is TIME”ミラノサローネ2014凱旋展」として、同年11月14日よりスパイラルガーデンで開催され、15日間の会期中、のべ7万2千人の来場を記録し、話題を集めた。インスタレーションデザインと会場構成を建築家・田根 剛氏(Atelier Tsuyoshi Tane Architects)が務めた同イベントが、会場も同じスパイラルガーデンにて4年ぶりに開催される。今年は約7万2千個の地板を使用して、田根による新たなインスタレーションデザインが展開され、幻想的な空間が創り出される。
会場では、シチズンが100年にわたり、その時代の新しい技術を腕時計にする為に挑戦してきた歴史や、部品から完成品までをつくるマニュファクチュールの現場の映像や道具なども展示されるほか、また同社の最新の腕時計や、創業100周年を記念して出版した画集『寺山修司 時をめぐる幻想』も販売する。また、時と向き合い、未来へとつながる意思・表現の可能性を探る企画として「コミュニケーション・プログラム」も開催。詳細はシチズン公式ホームページ内特設ページを参照。



建築家 田根剛コメント:
We Celebrate Time
21世紀の時間を求めて、2013年から6年以上にわたりシチズンと共同でプロジェクトを行なってきました。
「時とは何か」この根源的なテーマに向き合い、そこからシチズンの100周年を記念した本展覧会は、時間に喜びを与える “We Celebrate Time”を届けたいと思います。


主催:シチズン時計株式会社
クリエイティブディレクション:シチズン時計株式会社
会場構成・インスタレーションデザイン:田根 剛(Atelier Tsuyoshi Tane Architects)
プロダクション&テクニカルデザイン・演出:遠藤 豊(LUFTZUG)
企画制作:LUFTZUG
音響製作:堤田 祐史




特集を探す

Twitter