タイトル 終わりのむこうへ : 廃墟の美術史
日時 2018年12月8日(土)〜2019年1月31日(木) 10:00~18:00(金曜のみ20:00まで)
休館日: 12月10日(月)、17日(月)、25日(火)、12月29日(土)~1月3日(木)、1月7日(月)、15日(火)、21日(月)、28日(月)
※会期中一部展示替えあり
会場 渋谷区立松濤美術館(東京都渋谷区松濤2丁目14-14)
料金 一般 ¥500(¥400)、大学生 ¥400(¥320)、 高校生・60歳以上 ¥250(¥200)、小中学生 ¥100(¥80) 
※( )内は団体10名以上及び渋谷区民の入館料
※土・日曜日、祝休日は小中学生無料
※毎週金曜日は渋谷区民無料
※障がい者及び付添の方1名は無料
電話番号 03-3465-9421
会場URL http://www.shoto-museum.jp/

栄華や文明の痕跡を残しながら崩れ落ちようとする建造物や遺跡。「廃墟」は西洋美術のなかで、風景画の一角にくりかえし描かれていた。18世紀から19世紀にかけて、興味深いことにいわゆる廃墟趣味が流行すると、「廃墟」は絵画の主役の地位を確立していく。「廃墟」を愛でること、描くこと-この美学は、近代に日本の美術のなかにも伝播した。廃墟の画家として名を馳せた18世紀のユベール・ロベール、版画家ピラネージから、19世紀のコンスタブル、20世紀のアンリ・ルソー、マグリット、デルヴォー、そして日本の江戸時代から近現代の画家たち、亜欧堂田善、藤島武二、岡鹿之助、元田久治、大岩オスカール、野又穫まで、廃墟の主題は描き継がれている。なぜ人々は、流れる時間のなかで滅びた、またはいつか滅びてしまう、遠い昔のあるいは遠い未来の光景に、惹きつけられるのか? 本展では、西洋古典から現代日本までの廃墟・遺跡・都市をテーマとした作品を集め、これら「廃墟の美術史」を辿る。
会期中、記念講演会や学芸員によるギャラリートーク、土曜午後3時のアーティスト・トークなど、関連イベントも各種開催される(詳細はホームページ参照)。


元田久治 《 Indication: Shibuya Center Town》 2005年 リトグラフ 作家蔵




■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「渋谷区立松濤美術館 終わりのむこうへ:廃墟の美術史展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2018年12月25日(月)。

ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter