タイトル Jesus Rafael Soto「Pénétrable BBL Bleu」
日時 2018年12月7日(金)〜2019年5月12日(日) 12:00-20:00
休館日はルイ・ヴィトン 表参道店に準ずる
会場 エスパス ルイ・ヴィトン東京(東京都渋谷区神宮前5−7−5 ルイ・ヴィトン表参道ビル)
料金 入場無料
電話番号 0120-00-1854(フリーダイヤル)
会場URL http://www.espacelouisvuittontokyo.com/ja/

Jesus Rafael Soto, Pénétrable BBL Bleu(1999, ed. Avila 2007)© Adagp, Paris 2018


フォンダシオン ルイ・ヴィトンによる「Hors-les-murs(壁を越えて)」プログラムの第6弾として、ベネズエラ出身のアーティスト、ヘスス・ラファエル・ソト(Jesus Rafael Soto|1923-2005)を紹介する展覧会。
ソトは、1960年代後半に、知覚を揺さぶるような錯覚性を特徴とするその作品群により、キネティック・アートを牽引するアーティストとして知られるようになる。1950年代にはプレキシグラスに絵を描くことで視覚的錯覚を生み出し、1963年に発表した《Ecritures》(筆跡)シリーズでは、3次元空間における身体的実験へと移行していく。ソトは、全ての作品を通じて、純粋な抽象性、色彩理論、そして背景と前景との間に働く力を表現しながら、マルティプル(工業的に複数生産される作品)の問題を提起し、視覚的な動きを通して空間を変容させる可能性にも関心を向けてきた。
代表作のひとつである《Pénétrable》(浸透可能なるもの)は、1967年に制作が始まり、キャリアの終盤まで続いたシリーズである。何百もの細い垂直な棒を空間に吊り下げて作り上げた集合体から成り、鑑賞者が内部に入り込むことができる没入型のインスタレーション。本展では、《Pénétrable BBL Bleu》が展示される。

《Pénétrable BBL Bleu》1999年 PVC(ポリ塩化ビニル)、金属  366.5x1000x470.5cm
Courtesy of the Soto Estate and Fondation Louis Vuitton グループ展「動く彫刻」、ラコスト城、フランス、ラコスト(2011年6-9月)
© Archives Soto © Adagp, Paris 2018




特集を探す

Twitter