タイトル 起点としての80年代
Starting Points: Japanese Art of the ʼ80s
日時 2019年1月5日(土)〜3月24日(日)
10:00-19:00(展示室入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜(但し、1月14日[月・祝]、2月11日[月・祝]は開館)、1月15日(火)、2月12日(火)
会場 静岡市美術館(静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3F)
料金 一般 1,100円、大高生・70歳以上 700円、中学生以下無料
1980-1989年生まれの方は800円(要身分証提示・その他割引併用不可)

静岡県立美術館・静岡市美術館 展覧会相互割引
静岡県立美術館「1968年 激動の時代の芸術」展(2月10日〜3月24日)の観覧券(半券可)をお持ちの方は、本展を団体料金でご覧いただけます。なお、本展観覧券(半券可)を、静岡県立美術館でご提示いただくと、1968年展が団体料金となります。
電話番号 054-273-1515(代表)
会場URL http://www.shizubi.jp

「インスタレーション」や「メディア・アート」など、今日の美術につながる重要な動向が生まれた1980年代。「美術」ではなく「アート」という言葉が使われるようになり、美術館やギャラリー以外にも「オルタナティブ・スペース」が登場し始めたのもこの頃のこと。戦後から1970年代までの日本の美術ー例えば「具体」や「もの派」に関する研究が近年、国内外で急速に進み、90年代以降のサブカルチャーに影響を受けた表現が注目を浴びているが、その狭間に位置する80年代の検証はこれからである。
本展は、「メディウムを巡って」「日常とひそやかさ」「関係性」「記憶・アーカイヴ・物語」という今日的な4つのキーワードをあげて、19人の作家を紹介しながら、1980年代の日本における美術について見つめなおす。懐古的に振り返るのではなく、現在の視点から照射することで、80年代に築かれた豊かな表現を見いだそうとするもの。
本展は、金沢21世紀美術館、高松市美術館、静岡市美術館の3館による共同企画展。静岡市美術館が巡回の最終会場となる。会期中、学芸員によるギャラリートークや、出展作家も登壇するシンポジウムなどの関連イベントも各種開催(詳細はホームページ参照)。
また、静岡の80年代のアートシーンの一端をアーカイヴ展示する「Shizubi Project 7 アーカイヴ/ 1980年代-静岡」も同時開催。

出品作家
石原友明、今村 源、大竹伸朗、岡﨑乾二郎、川俣 正、杉山知子、諏訪直樹、辰野登恵子、戸谷成雄、中原浩大、中村一美、日比野克彦、藤本由紀夫、舟越 桂、松井智惠、宮島達男、森村泰昌、横尾忠則、吉澤美香

金沢21世紀美術館での本展展示風景(左から日比野克彦、舟越桂、中村一美) 撮影:木奥惠三

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「静岡市美術館 起点としての80年代展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年2月4日(月)。

ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter