タイトル 世紀末ウィーンのグラフィック 〜デザインそして生活の刷新にむけて〜
日時 2019年1月12日(土)〜2月24日(日)9:30-17:00(但し、金曜と土曜は20:00まで)入館は閉館30分前まで
休館日:月曜、但し1月14日(月・祝)と2月11日(月・祝)は開館して翌火曜休館
会場 京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町)
料金 一般1,000円(800円)、大学生500円(400円)
*( )内は、前売と20名以上の団体料金、夜間開館時(金・土曜17:00以降)の夜間割引料金
*高校生以下、18歳未満、心身に障がいのある方と付添者1名は無料(入館の際に証明できるものをご提示ください)
*2月24日(日)は天皇陛下御在位30年を記念して入館無料
*「世紀末ウィーンのグラフィック」展の観覧券でコレクション展もご覧いただけます
*前売券は、1月11日までの期間限定発売(会期中は当日券のみ発売)
電話番号 075-761-4111
会場URL http://www.momak.go.jp

1897年のウィーン分離派結成から、1914年の第一次世界大戦勃発までのウィーンでは、グスタフ・クリムトやヨーゼフ・ホフマンらを中心に、新しい時代に相応しい芸術、そしてデザインの在り方が模索され、数多くの素晴らしい成果が生まれた。なかでもグラフィックの分野は、印刷技術の発展や雑誌メディアの隆盛を背景に、新しい芸術の動向を人々に伝え、社会に浸透させる重要な役割を担った。
本展では、アパレル会社の創業者である平明暘氏が蒐集し、2015年に京都国立近代美術館が収蔵したコレクションを通じて、世紀末ウィーンのグラフィック作品コレクションを紹介する。約300件にのぼる膨大なコレクションの全貌を、4つの章立て(ウィーン分離派とクリムト、新しいデザインの探求、版画復興とグラフィックの刷新、新しい生活へ)で紐解き、同じく平明氏旧蔵のリヒャルト・ルクシュによる石膏彫像と貴重なアドルフ・ロースの家具一式をも加えて、世紀末ウィーンの息吹と魅力を伝える。
関連イベントとして、全2回のレクチャーと、ワークショップ、ギャラリーツアーなども開催される(詳細はホームページ参照)。


■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「京都国立近代美術館展 世紀末ウィーンのグラフィック展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2019年1月24日(木)。

ご応募をお待ちしております。




特集を探す

Twitter