「クルクール」

「クルクール」は、建物の外壁に「打ち水」し、壁面全体に水を浸透、外気温等によって蒸発させ、気化熱作用によって建物や室内、さらに近隣までを涼しく冷やす空気システムだ。独自に開発した火山灰シラスを活用した「スーパー白洲そとん壁」と雨水利用技術「みずがめ」を組み合わせて使う。建物自体の温度の上昇を抑えられ、室温は約2.5 ?5℃下がる計算。省エネ効果を高めながら、周辺のヒートアイランド対策にも貢献する。



[高千穂] tel 045-224-6077 http://www.shirasukabe.com/