タイトル 文化遺産・心斎橋大丸原図展〜百貨店建築の精華 ヴォーリズと佐藤久勝
日時 7月17日(金)〜8月2日(日)
会場 サロン・ドゥ・螺 大阪市中央区淡路町2-5-8船場ビルディング314号
料金 500円
問い合わせ http://ra-spiral.jp
https://www.facebook.com/daimaru.genzu

大丸心斎橋店本館は、W.M.ヴォーリズ率いるヴォーリズ建築事務所設計によって、当時欧米の華やかな百貨店建築のスタイルを実現した1933年竣工の傑作。現在も大阪の都市景観を象徴する、市民に親しまれた存在となっている。

戦災での損傷などによる変化があるものの、現在でもほぼ竣工当時の外観を保ち、エントランス、エレベータホール、階段室などかつての華麗な空間を残している。

本展は、設計者である一粒社ヴォーリズ建築事務所が所蔵する貴重な設計図面や、財団法人 近江兄弟社所蔵の写真等によって、竣工当時のオリジナルな状況を紹介し、建築専門家のみならず広く一般の人々にも、大丸心斎橋店本館の文化価値の重要性を体感できるように意図された原図展。大阪展にはじまり、京都(8月6日)、神戸(8月13日〜20日)、滋賀(8月23日〜30日)と、各近代建築をその会場として巡回する。

また、ヴォーリズ建築事務所所員随一のデザイン力を有した佐藤久勝にも焦点があてられ、大丸心斎橋店本館以外の作品についても各巡回地で関連企画が実施される。

11-1ヴォーリズ展11