タイトル 座卓からうまれたテーブル 天童木工のロングライフデザイン2
日時 2015年7月30日(木)〜9月1日(火)12:00〜20:00 水曜定休
会場 D&DEPARTMENT TOKYO
料金 無料
電話番号 03-5752-0120(D&DEPARTMENT TOKYO )0120-24-3121(天童木工東京ショールーム)
問い合わせ http://www.d-department.com/event/event.shtml?id=6545664071105421

天童木工

 

発売は1965年。美しく曲げられた脚に天板を直接繋ぐ、というユニークな構造の天童木工のテーブル。もともとは、全国の旅館で見ることのできる、あの座卓がデザインのもとになっている。あるときは座卓、あるときはティーテーブル、またあるときはダイニングテーブル。文化や生活環境の変化で、様々なサイズやバリエーションが生まれたが50年がたった今も、その中心となるデザインや作り方は変わらない。そんなテーブル12種類と、職人たちの使う道具の数々を展示。技術者でこのテーブルの原型を開発した乾三郎にも焦点を当てている。