タイトル 第53回「木の文化フォーラム」
日時 2015年9月12日(土)14:00~16:30
会場 桑沢学園 法人本部 渋谷分室 82教室 渋谷区神南1-4-17 桑沢デザイン研究所8F
料金 ¥1000(お茶代・資料代等)会員と学生は¥500
申し込み締切 2015年9月9日(水)

18世紀後期からシェーカー教徒によってつくられてきたシェーカー家具。それらは、シンプル、機能的、直線主体で装飾が少ないなどの特徴があり、現代の家具デザインに大きな影響を及ぼした
第53回「木の文化フォーラム」では、「シェーカー家具の生まれた背景とデザイン」をテーマとしたトークイベントが行われる。
講師は、シェーカー家具研究者の石川義宗さん。武蔵野美術大学在学時からシェーカー家具や建築の研究を始め、同大学院造形研究科の博士論文では「シェーカー教徒の家具、および建築デザインの研究-簡素の概念と造形における形成と発展-」を執筆している。
シェーカー家具がどのようにして生まれたか、デザインの特徴などが語られる。

 

お問い合わせは下記事務局まで。
zaimaアットzokei.ac.jp (アットを@に替えてご使用ください)