タイトル 「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016
日時 2016年4月29日(金・祝日)〜2017年2月28日(火)
※「道後アート2016」の会期は2017年2月末まで、山口作品の展示は2017年8月末まで延長の予定
入場時間は各施設による
会場 道後温泉(愛媛県松山市道後湯之町5-6)およびその周辺エリア
料金 温泉やホテルなど施設によっては入館または利用料金が必要
電話番号 089-921-6464
問い合わせ http://www.dogo-art.com

道後温泉本館改築120周年を記念して、「アートにのぼせろ」をコンセプトに2014年に始まったアートフェスティバル「道後オンセナート」。開催3回目となる今年は、現地・松山とは縁の深い、明治の文豪・夏目漱石の没後100年、小説『坊っちゃん』の発表から数えると110年にあたる。

今年の「道後アート2016」では、メインアーティストに画家の山口晃氏を迎え、“「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016”と題して、道後温泉およびその周辺エリアを会場に作品が展開される。江戸・東京から英語教師として旧制松山中学校に赴任した漱石が、松山を舞台にアイロニーとユーモアを込めて小説「坊っちゃん」を書いたように、山口氏も“よそもの”の視点で道後を描く。会期初日には第一弾として「道後エトランゼマップ」を発表(B6判22ページのガイドブックとして、道後温泉を含む会場エリアのホテルで5月中旬から部数限定で無料配布)。会期中の作品発表はこの後、7月と9月を予定している。
※なお、「道後アート2016」の会期は2017年2月末までだが、山口作品の展示は2017年8月末まで延長の予定。

08_poster2016

「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016 ポスター




また「道後アート2016」の会期中は、山口氏の絵画作品以外にも、昨年発表された「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」での写真作品や、「道後オンセナート2014」で展開した「HOTEL HORIZONTAL」におけるインスタレーションなどもあわせて継続展示される。