タイトル 新 高山サマーセミナー
日時 9月5日、10日、11日
会場 吉島家住宅 日下部民藝館
料金 3000円〜5000円(1日につき)
電話番号 0577-32-0072
問い合わせ http://www.city.takayama.lg.jp/kurashi/1000021/1000118/1000824/1007162/1007335.html

飛騨髙山の木造建築として名高い日下部民藝館・吉島家住宅が重要文化財指定になってから50周年を迎えることを記念して、新髙山サマーセミナーが開かれます。1973年から5年にわたり、吉島家住宅で開かれたサマーセミナーを蘇らせるものです。

テーマは「高山・民家と伊藤ていじ」。伊藤ていじ先生(1922〜2010)は、日本の民家研究の第一人者であり、伝統的な町並みの保存に尽力、名文家としても知られています。

【DAY1】

9月5日(月)14:30〜16:00/吉島家住宅

「伊藤ていじを語る」磯﨑新(建築家) 会費3000円 定員60名

 

【DAY2】

9月10日(土)

14:30〜16:00/吉島家住宅

「民家を蘇らせた伊藤ていじ」土本俊和(信州大学教授)

17:00〜18:00/日下部民藝館

「ゴッホの椅子と皇居の椅子ー黒田辰秋の椅子づくり」久津輪 雅(岐阜県立森林文化アカデミー准教授)

18:00〜20:00/日下部民藝館

交流会 久津輪雅/土本俊和/伊東豊雄・中谷正人/篠田正浩・若山滋/そのほか

会費5000円(両受講費・交流会費含む) 定員80名

 

【DAY3】

9月11日(日)

10:30〜12:00/吉島家住宅

「民家と現代建築—建築の規範を探る」伊東豊雄(建築家)×中谷正人(元『新建築』編集長・元千葉大学客員教授)

14:30〜16:00/吉島家住宅

「映像と建築—篠田桃紅をめぐって」

篠田正浩(映画監督)・若山 滋(建築家・名古屋工業大学名誉教授)

会費5000円(両受講費) 定員60名

 

【申込み・問合せ】高山・民家は生きて行く実行委員会 日下部民藝館内

tel 0577-32-0072(日下部) fax 0577-34-3338(吉島)

kusakabe@cronos.ocn.ne.jp    yoshikyu@icloud.com

定員になり次第、締め切り。