日時 2016年10月8日(土)〜2017年3月20日(月・祝)10:00~18:00(金・土曜は20:00まで。1月2日・3日は17:00まで)
休館日:月曜(但し、10月10日・24日、1月2日・9日、3月20日は開場)、10月11日(月・祝)、12月29日(木)〜1月1日(日)、10日(火)
会場 金沢21世紀美術館(石川県金沢市広坂1-2-1)
料金 一般 ¥1,000、大学生 ¥800、 小中高生¥400、65歳以上の方 ¥800
電話番号 076-220-2800
問い合わせ https://www.kanazawa21.jp

「工芸」か「デザイン」かー。
工芸とデザインはものづくりという点では同じであるが、両者は異なるジャンルとして区別される。しかしながら、それらをつぶさに観察するまでもなく、両者の間には「デザイン的工芸」また「工芸的デザイン」とも呼べる作品あるいは製品があるように思われる。
本展覧会では、「プロセスと素材」「手と機械」「かたち」「さび(経年変化)」といった観点から工芸とデザインを見つめ直すことによって、それらの曖昧模糊とした境目を浮き彫りにする。それと同時に、最先端技術の発達などによって多様化が進む両者の新たな地平を考察する。

開化堂 茶筒

開化堂 茶筒


■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「金沢21世紀美術館 工芸とデザインの境目展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は10月31日(月)。ご応募をお待ちしております。