タイトル 企画展「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」
日時 2016年10月14日(金)〜2017年1月22日(日)10:00 〜19:00
10月21日(金)、22日(土)は六本木アートナイト開催にあわせ、22:00まで開館時間延長(入場は各日閉館30分前まで)
会場 21_21 DESIGN SIGHT(東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内)
料金 一般 ¥1,100、大学生 ¥800、高校生 ¥500、中学生以下無料
電話番号 03-3475-2121
問い合わせ http://www.2121designsight.jp

DesignAnatomy_Poster_Flyer_ToPrint260816展覧会タイトルの「デザインの解剖」とは、本展のディレクターを務めるグラフィックデザイナーの佐藤卓氏が、2001年より取り組んでいるプロジェクトの名称。身近な製品を「デザインの視点」で解剖し、そのものの成り立ちから徹底して検証するというもの。
本展では、前身である東京菓子株式会社の時代から数えて創業100周年を迎える株式会社明治の5つの製品で「デザインの解剖」を行なう。対象となるのは〈きのこの山〉、〈明治ブルガリアヨーグルト〉、〈明治ミルクチョコレート〉、〈明治エッセルスーパーカップ〉、〈明治おいしい牛乳〉という、私たちの身近にあるものばかり。5つの製品は同じ手法で「解剖」され、ロゴマークが入ったパッケージなどの外観から、世に出るまでの流通、製造工程、各種リサーチと検証、原材料までさかのぼって、つぶさに視覚化。私たちがふだん意識することのない「デザイン」およびその裏側が明らかに。
さまざまな分野で活躍する若手クリエイターの作品もあわせて出展され、インタラクティブで分かりやすい構成となっている。