タイトル 色の博物誌-江戸の色材を視る・読む
日時 2016年10月22日(土)〜12月18日(日) 10:00〜18:00(入館は17:30まで) 月曜休館
会場 目黒区美術館(東京都目黒区目黒2-4-36)
料金 一般 ¥800、大高生 ¥600、小中生無料
電話番号 03-3714-1201(代表)
目黒区美術館 http://mmat.jp

目黒区美術館では、1992年から2004年にかけて、「青」「赤」「白と黒」「緑」「黄色」といった、色をテーマにした企画展「色の博物誌」を開催、考古学・民俗学・歴史や美術を横断しながら、それぞれの色における色材文化史を伝えてきた。その流れをくむシリーズ6回目となる本展では、色単体ではなく「江戸時代の豊饒な色材」をテーマに掲げる。
緑青(ろくしょう)や朱(しゅ)、藍や紅、藤黄(とうおう)など(現代にも受け継がれている)当時の色材や、同じ色材を使いながらも仕上がりが対照的な《国絵図》と《浮世絵》もあわせて展示される。《国絵図》とは、幕府の命を受けた各藩が総力を挙げて制作した巨大な絵地図で、極彩色豊かに描かれていた。一方の《浮世絵》は、町民文化から生まれた木版による大量生産品。庶民の暮らしの中で広く親しまれた。サイズも色調も対照的なこの2種類の作品を比較しつつ、それぞれの表現や技法を科学的な分析も踏まえてさまざまに展覧していくことで、「色の博物誌」展ならではの作品の視かた、読み方を提示する。
会期中は、ワークショップやセミナーなどの関連イベントも各種開催予定。

絵画の顔料「緑青」クジャク石から採集される。粒子の違いによって色味が変わってくる。

絵画の顔料「緑青」
クジャク石から採集され、粒子の違いによって色味が変わってくる。




■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「目黒区美術館 色の博物誌展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は11月7日(月)。ご応募をお待ちしております。