タイトル 味のカタチ展
日時 2017年1月17日(火)~2月12日(日)
開場時間 11:00~18:00予定(詳細は会場に問い合わせ)
閉場:毎週月曜・火曜、1月26日(木)
会場 ときのもり(東京都港区白金台5-17-10)
料金 入場無料
電話番号 03-5332-8901(foro08事務局|西森事務所内)
ときのもり公式サイト http://www.tokinomori-nara.jp
foro 08 facebook https://www.facebook.com/foro08com/

異なるジャンルのクリエイターがゆるやかに集うデザインフォーラムforo08(フォロ・ゼロット)による展覧会。和菓子、香り、音、触覚、視覚など、五感とデザインの関係性をテーマにしたプロジェクトシリーズの一環で、6回目を数える今回は「味覚」をテーマに掲げる。
私たちが「味」を感じるものとして、甘味、塩味、酸味、苦味、うまみといった5つの要素が知られるが、これ以外にも、本来は生きものにとって危険信号であるはずの苦味や酸味、痛みの類である刺激(スパイス)まで、私たち人間は味わい、楽しむ。現代における「味」とは、生存のための摂取の側面を超え、文化の域にまで達しているのではないか。
本展では、香りや質感、温度や色や音などの五感を総動員するだけでなく、情報や知識までをもトータルに感受する「味」の世界について、5人のクリエイターがデザインを通じて検証した作品を披露する。
会場は、foro08を主宰する建築家の西森陸雄氏のプロデュースにより、奈良をテーマに昨年1月にオープンした複合施設「ときのもり」。奈良の食材を使った料理を提供するレストランやカフェ、ショップを併設する。

出展者と出展作品名(リリース順):
・西森 陸雄(建築家、foro08主宰)
〈味の旅 「シルクロードから奈良へ」〉
ゲストクリエイター:音羽 創(So OTOWA [シエル エ ソル]料理長)
・今村 創平(建築家)
〈奈良の茶室〉
・松下 計(グラフィックデザイナー/アートディレクター)
〈夢を見る舌〉
・皆川 明(ファッションデザイナー)
〈記憶の旨味〉
・橋本 夕紀夫(インテリアデザイナー)
〈Dangerous Delicious〉

キュレーター/プロデューサー、foro08アドバイザー
生駒 尚美

〈味の旅 「シルクロードから奈良へ」〉の為のコンセプト作品 2016年
デザイン:建築家 西森 陸雄、料理:音羽 創(シエル エ ソル料理長)
シルクロードの中ほどにあるタクラマカン砂漠に、年に数日間だけ現れる「季節河川」と、わずかな水分を頼りに育つ緑をイメージしたもの