タイトル ふたつの鹿児島睦展 福岡で。
「鹿児島睦の図案展」(以下、図案展と略)
「鹿児島睦の造形展」(以下、造形展と略)
日時 2017年1月28日(土)〜3月12日(日)
「図案展」10:00~20:00 休館日:2月21日(火)、2月22日(水)
「造形展」9:00~16:30(入館は16:00 まで)月曜休館(1月30日を除く)
会場 「図案展」会場:三菱地所アルティアム(福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F)
「造形展」会場:太宰府天満宮宝物殿 企画展示室( 福岡県太宰府市4-7-1)
料金 「図案展」一般 ¥400、学生 ¥300、高校生以下無料、再入場可
「造形展」一般 ¥400、高大生 ¥200、小中生 ¥100
電話番号 「図案展」tel. 092-733-2050
「造形展」tel.092-922-8225(9:00〜17:00)
2展特設サイト http://zuan-zokei.com/fukuoka2017

植物や動物をモチーフに独自の世界観で図案を施した器やオブジェで知られ、国内外で活躍する、陶芸家・アーティストの鹿児島睦。作家本人の地元であり、活動拠点である福岡では初となる、本格的な作品展が、市内2か所にて同時開催される。
ひとつは「鹿児島睦の図案展」。2013年から東京・青山の[doinel]で開催されてきた図案展のアーカイブに加え、異なる図案が施された器作品が壁一面に展示される。もう一つは、太宰府天満宮宝物殿で開催される「鹿児島睦の造形展」。陶製の「梅の木」のオブジェを展示のメインに据えながら、造形にフォーカスした内容に。会場では積層ダンボールで造作した高さ約2メートルの「梅の木」を配して、太宰府天満宮の3月の神事である「曲水の宴」をテーマとしたインスタレーションも行なう。
両会場では、ライブペインティングや、書籍出版記念サイン会など、各種関連イベントも多数開催。