タイトル 再発見!ニッポンの立体
日時 2017年1月24日(火)〜4月9日(日) 9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜(但し、3月20日[月・祝]は開館し、3月21日[火]は休館)
会場 三重県立美術館(三重県津市大谷町11)
料金 一般 ¥1,000、学生 ¥800、高校生以下無料
電話番号 059-227-2100(代表)
三重県立美術館 http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/

本展で目にすることができる「立体作品」は、その一部がフライヤーに見られるように、縄文時代の土偶、埴輪、仏像、寺社建築における彫り物、精巧な金工細工の自在物、商業店舗に設置されていたマスコット人形、現代作家のアート作品、フィギュアなど実にさまざま。もとより日本には、明治期以降に持ち込まれた西洋的な美術表現や鑑賞眼、いわゆる彫刻の概念とは一線を画す、人々の生活や信仰に結びついた豊かな立体表現が存在した。小さきモノを愛で、美を感じとるという価値観を含めて、日本人ならでは審美眼と表現は、現代まで脈々と受け継がれている。本展では、日本における立体表現がどのよう展開してきたのかを、古代から現代までの約150点の「立体作品」を通して俯瞰し、考察する。


■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「三重県立美術館 再発見!ニッポンの立体展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は2月13日(月)。ご応募をお待ちしております。