タイトル リニューアル記念 名品展+杉本博司「海景 – ATAMI」
日時 2017年2月5日(日)〜3月14日(火)9:30〜16:30(入館は16:00まで)会期中無休
会場 MOA美術館(静岡県熱海市桃山町26-2)
料金 一般 ¥1,600、高大生 ¥1,000(要学生証)、中学生以下無料、65才以上 ¥1,400(要身分証明)
電話番号 0557-84-2511(代表)
MOA美術館 URL http://www.moaart.or.jp
新素材研究所 http://www.shinsozai.com

国宝 野々村仁清「色絵藤花文茶壺」の展示
Photo: Masaki Ogawa/Courtesy of MOA Museum of Art

約11か月間の改修工事を経て、2月5日に迎えたリニューアルオープンを記念した特別展。同館所蔵の国宝や重要文化財を含む名品の数々が披露される。
来館者を迎えるメインエントランスの大扉を制作し、館内ロビーエリア、カフェとミュージアムショップ、そして一新された展示スペースの設計を手掛けたのは、世界的に活躍する現代美術作家・杉本博司氏と、建築家・榊田倫之氏の二人が主宰する新素材研究所。屋久杉、行者杉、黒漆喰、畳などの日本の伝統的な素材を用いつつ、展示品がもつ美しさを最大限に引き出す空間に。本展では、同館所蔵で知られる尾形光琳「紅白梅図屏風」と野々村仁清「色絵藤花文茶壺」の国宝2点も、この新たな創造的空間の中で堪能できる。
また本展では、杉本博司氏も作品を出展。国宝「紅白梅図屏風」に着想を得た「月下紅白梅図」、映像作品「加速する仏」と同館所蔵の仏教美術とのコラボレーションや、杉本氏の代表作のひとつである写真シリーズ「海景」から、熱海の海をテーマにした「海景 –ATAMI」の展示も。