タイトル 本城直季「TOKYO / KYOTO 1/2」
日時 2017年3月1日(水)~13日(月)11:00~20:00
3月7日(火)休み
会場 1/2GALLERY
(東京都渋谷区恵比寿西1-35-16 代官山アドブルビル1F
STÁLOGY LABORATORY TOKYO内)
料金 入場無料
電話番号 03-3464-9011
STÁLOGY LABORATORY TOKYO http://stalogy.com/shop/

本城直季は1978年東京生まれの写真家。実際の風景や人物をミニチュア・ジオラマのように見せる独特の作風で知られる。2006年には、作品集『small planet』で木村伊兵衛賞を受賞、国内外で高い評価を受けている。
本展の会場となる「1/2GALLERY(ニブンノイチギャラリー)」は、株式会社ニトムズが運営するステーショナリーショップ[STÁLOGY LABORATORY TOKYO]の約半分のスペースに併設されたギャラリー。オープンは昨年12月。こけらおとし展では、イラストレーター安西水丸の原画展が開催された。新進気鋭のクリエイターの作品発表の場として提供しつつ、人と文化が交流する拠点を目指す。
「TOKYO / KYOTO 1/2」と題した本展では、作家自身のセレクションによる、東京と京都ほかを撮影した作品計3点のほか、[STÁLOGY LABORATORY TOKYO]のノスタルジックな店舗空間にインスピレーションを得て、本展のためにポラロイドカメラで撮りおろされた数点の写真もあわせて展示される。大判カメラのアオリ(ティルト)を利用した撮影手法で、独自の視点と感性で空間を切り取り、提示する本城直季の、普段とは異なるアプローチが披露される。

本城直季「京都 下鴨神社 2007」

サイズ:1200x1500mm