タイトル パロディ、二重の声 ―日本の一九七〇年代前後左右
日時 2017年2月18日(土)〜4月16日(日)
開館時間 10:00〜18:00(金曜は20:00まで開館、入館は閉館30分前まで)
休館日 3月20日をのぞく月曜、3月21日(火)
会場 東京ステーションギャラリー
(東京都千代田区丸の内1丁目9-1 東京駅丸の内駅舎内)
料金 一般 ¥900、高校・大学生 ¥700、中学生以下無料
※ 障がい者手帳等持参の方は ¥100引き(介添者1名は無料)
電話番号 03-3212-2485
東京ステーションギャラリー http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

倉俣史朗《Homage to Mondrian #1》1975年/Cappellini 2009

©KURAMATA DESIGN OFFICE,

Special Cooperation with Cappellini Point Tokyo_Team Iwakiri Products

日本の戦後史において、反抗と闘争に彩られた1960年代から、軽やかな知略に富んだ70年代にかけて、この時代の様相を最も端的に象徴するのが「パロディ」ではないだろうか。60年代中頃からアーティストが頻繁に実践し、70年代に入るとテレビや雑誌などを通じて社会的な流行を見せる。街頭やテレビにはパロディ広告があふれ、赤瀬川原平の『櫻画報』(1970-71)が『朝日ジャーナル』をジャック、筒井康隆は『日本以外全部沈没』(1973)を発表、創刊当初からパロディ・マガジンを意識した『ビックリハウス』(1974-85)は若者の圧倒的な支持を集めた。
ありとあらゆる文化がパロディに染まったこの現象は、モダンとポストモダンの隙間に開花した徒花であったのか?
歴史を辿れば古代ギリシャにまで由来を遡れる、パロディという技術または形式について、日本の60-70年代当時の視覚文化を通じて振り返る。時代を彩ったアーティストから知られざる作家まで、絵画、マンガ、グラフィックを中心に、作品や資料約300点を総覧できる企画展。


■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京駅ステーションギャラリー パロディ、二重の声展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は3月17日(金)。ご応募をお待ちしております。