タイトル マルセル・ブロイヤーの家具: Improvement for good
日時 2017年3月3日(金)~5月7日(日) 10:00-17:00(金曜・土曜は10:00-20:00、入館は閉館30分前まで)
休館日:毎週月曜(3月20日、27日、4月3日、5月1日は開館)、3月21日(火)
会場 東京国立近代美術館 2F ギャラリー4(東京都千代田区北の丸公園3-1)
料金 一般 ¥430、大学生 ¥130
高校生以下および18歳未満、65歳以上、キャンパスメンバーズ、「MOMATパスポート」をお持ちの方、友の会・賛助会会員、MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名迄。シルバー会員は本人のみ)、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
※3月5日(日)、4月2日(日)、5月7日(日)は無料観覧日
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル 8:00-22:00)
東京国立近代美術館 http://www.momat.go.jp/am/

優れたデザイナーであり、建築家でもあったマルセル・ブロイヤー(1902-81)。ヴァルター・グロピウス(1883-1969)が初代校長を務めていたバウハウスにおいて、実験的なデザイン教育の薫陶を受けたブロイヤーは、卒業後は教育者として家具工房の主任を務めた。デッサウのバウハウス校舎のインテリアデザインなども手がけたブロイヤーは、スティールパイプを使った住宅用家具を製作。なかでもワシリーチェアこと《クラブチェア B3》は、それまでの椅子の概念を覆す画期的なデザインとして、自身のみならず20世紀を代表するデザインアイコンのひとつに挙げられる。
本展では、ブロイヤーの家具デザインに見られるいくつものバージョンの違いに注目しながら、国内外のコレクションによる家具約40点で構成される。《クラブチェア B3》は国内の美術館が所蔵する異なる4つのモデルが展示されるほか、映像で組み立て工程も解説。ドイツ、スイス、イギリス、アメリカの各時代に手がけた家具や資料も多数展示。1923年のバウハウスの展示会で発表された、実験住宅の「婦人の部屋」に置かれたドレッサーも修復後初めて公開される。
関連イベントとして、4月15日(土)には、ブロイヤーのアメリカ事務所に所属したことのある芦原義信(1918-2003)の息子で、建築家の芦原太郎氏を招いたギャラリートークも開催。

■ペアチケットを5組10名様にプレゼント■
この展覧会のペアチケットを抽選で5組10名様にプレゼントいたします。
住所、氏名、年齢、コンフォルトの感想を明記の上、下記メールアドレスまでお申し込みください。
info@confortmag.net
*タイトルに必ず「東京国立近代美術館 マルセル・ブロイヤーの家具展 チケットプレゼント」と明記してください。
応募締切は3月27日(月)。ご応募をお待ちしております。